名古屋市南区|台風の後が心配なので、屋根を見てもらえますか?


屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から「台風の後が心配なので、屋根を見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。


スレート屋根ですが、弱いと聞いた事があるので、ちょっと心配になり連絡をくれたそうです。


まだ、築年数が8年と言う事ですので、大きな影響は無いと思いますが、何が起こるか分かりませんので、しっかりと見ていきます。

スレートの浮き

早速お伺いして、屋根にのぼっていきます。


築年数が8年の割には、浮きが目立ちます。


今回の台風は、雨・風ともにこの辺りはそれほどでもなかったので大丈夫でしたが、風の強い台風だと浮いた隙間に風を受け、めくれ上がってしまう事も十分考えられます。

段差棟

こちらの屋根の形状は、切妻を段違いにしたような形状になっています。


板金の収まりが切妻と違ってきます。

棟板金の納まり

こちら側は、綺麗におさまっていますが、反対側は角の部分の口が開いてしまっています。


板金の納め方は、職人の腕の差が出る所ですので、納め方もバラバラな事が多いです。

棟板金の納まり

ここが口が開いてしまっている部分です。


中の木材が見えていますので、当然雨も風向きによって入ってしまいます。


木材が腐食してしまうと、板金が飛んでしまう確率も高くなり、危険な状況になってしまいます。

スレートの欠け

化粧スレートの角の部分が少しづつ欠けてきています。


まだ、小さな欠けですが、欠けた部分は素地がむき出しになるので、雨水を吸い込みやすくなります。


結果、スレートが脆くなり割れやすくなってしまいます。

軒先の浮き

ここは、軒先の部分になりますが、ここも浮きが多く、場所によっては苔が生えている所もあります。


屋根の先端になるので、湿気が溜まりやすく、傷みが激しくなる事も多い場所です。

軒先と雨樋

軒先と雨樋の部分です。


スレートは劣化すると、砂とセメントが剥離し、表面がザラザラしてきます。


その砂粒が雨樋の中に溜まっている事も多いのですが、8年なのでそこまでは傷んでいないようです。


今回は、台風自体がこの辺りでは大した事がなかったので、大きな影響は無いようですが、こうやって心配な時にはすぐに確認して頂く事が非常に大事になってきます。


何か事が起きる前に、専門業者に依頼して見てもらう事が、とても大切だと思います。


そんな時は、街の屋根や名古屋南店にお気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957