オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区|屋根の診断依頼がありました


CIMG0099_R-columns2
名古屋市南区にお住いのお客様から、屋根の診断依頼がありました。

築年数が約40年になる和瓦のお宅で、一度お手入れをしましたが、10年以上経つので不安になり連絡をくれたそうです。
軒先と雨樋
お手入れとしては、漆喰とラバーロックを施工されていました。

どちらも同じ時期にやっているので、10年以上は経つそうですが、正確には分からないという事でした。

早速屋根にのぼって確認致します。
軒天の傷み
瓦の部分は全体的に、ラバーロックをしているようです。

おかげで、瓦がずれることはないようですが、もともとずれていた瓦をそのまま止めている所があります。

大阪で起きたような規模の地震でも、瓦はずれることはないと思います。

ただし、建物に負担がかかることは否めません。

軒天も確認すると、化粧合板がバラバラになっていました。
下地にまで水がまわっている可能性が高いと思います。
玄関ポーチ部漆喰の剥がれ
ここは、玄関ポーチの部分になりますが、漆喰が取れてしまっています。

中の土もはっきりと見えますので、風の強いときには、土の部分に雨が付いてしまうと流れてしまい、瓦の安定が悪くなってしまいます。
雨押え部漆喰
雨押えのところの漆喰は問題なさそうですね。

割れている所や、黒ずんでいる所もないようです。

こういった所も雨漏りの原因になりますので、しっかりとチェックします。

二期店の化粧板に傷みが気になりますので、瓦をめくって下地の状況も確認した方が良いと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957