名古屋市南区|築8年のスレートですが、手入れは必要ですか?


スレートの浮き
名古屋市南区にお住いのお客様から「築8年のスレートですが、手入れは必要ですか?」というお問い合わせがありました。

近所の同じ年数の家がお手入れしたので、気になってしまい連絡をくれたそうです。

建売で6軒まとめて立っているのですが、2軒が工事したので気になったそうです。
スレートの欠け
工事するしないに関わらず、今くらいの時期から屋根は見ていった方が良いと思います。

特にスレート材の場合は、早い方が良いですね。

早速お伺いし、屋根を確認していきます。
棟板金の釘浮き
棟の板金を止めている釘が、浮き始めています。

まだ打ち込めば効きそうな状態ですが、あと数年で、指でも抜けるくらいになっている事もあります。

今回はとりあえず打ち込んでおきました。
スレートの浮き
あとは、気になったのが、スレートの浮きが多かった事です。

浮きだけの状態ですと、13~15年位経っているように感じくらい浮きが多いです。

原因はスレートの表面の防水性が無くなり、スレートに水が浸みこんでいるためです。
スレートの欠け
塗膜が剥がれるというよりは、スレートの素地から剥がれているようです。

ちょうど角の部分になりますので、剥がれやすい場所ではありますが、まだ8年という事を考えると早い気がします。

ただし、いろんなケースがありますので一概には言えませんが…
スレートの浮き
少し下から見ると、スレートが浮いているのがよくわかります。

しかも、1箇所や2箇所ではなくほぼ全体的に浮いています。

この年数で、これだけ浮いているのは比較的、珍しいと思います。
軒先と雨樋
ここは、軒先になりますが、先端部分が少し黒ずんできています。

これは、カビによるもので湿気が溜まっている証拠です。

まだカビだけですが、そのうち苔も出てくると思います。




軒先の浮き
軒先も正面から見ると、浮いてしまっています。

本来は、ピタッと重なっていますが、大きい所では8ミリくらい浮いて、隙間が出来ています。

ここに隙間が出来ると、風の強いときに抵抗を受け、めくれあがってしまう事もあります。

下からですと、樋が影になり見えませんので、気を付けないといけません。

こういった細かい所は、早く気付いた方が良いので、少し早いかなと思うくらいの時期に見て欲しいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957