オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区|スレートは10年くらいでお手入れしたほうが良いと…


スレート屋根の全景
名古屋市南区にお住いのお客様から「スレートは10年くらいでお手入れしたほうが良いと聞いたのですが、どうなんですか?」というお問い合わせがありました。

実際、その時期にお手入れする方が多いのも事実です。

一度、屋根を拝見して、状況を確認されたほうが良いかと思いますのでいかがですか?とお伝えしましたら、お願いしますと依頼を受けました。
スレートの浮き
屋根にのぼってみると、スレートが浮きているところがたくさんありました。

表面も劣化し、色が抜けてしまい薄くなっています。

これでは防水性はなくなってしまっています。
DSC01102_R-1-columns2
また、板金部分の釘もあちらこちらで浮いています。

棟板金やケラバ板金どちらも釘浮がありました。

このような状態になると、強風で板金が飛んでしまうことも少なくはありません。

実際、板金が飛んでしまったお宅から呼ばれたことも結構あります。
破風板の汚れ
ケラバの下の板を、破風板と呼びますが、この板もかなり傷んでいるようです。

特に北側には苔が目立ちます。
破風板の汚れ
破風板の部分を別の角度から来ていきます。

途中で継ぎ目がありますが、この部分にはコーキングが打ってありますが、年数により劣化して取れてしまうこともありますのでチェックしましょう!
スレートの割れ
後は数枚ですがスレートの割れがありました。これは、経年劣化によるものです。

踏んで割れた場合は、もっと細かく割れますので踏み割れではありません。

厚みが5ミリくらいの薄い板状の屋根ですので、とても割れやすいので、定期的に確認していただくのが望ましいです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957