オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区|築30年の陸屋根の雨漏り調査の依頼がありました


室内の雨漏り
名古屋市南区にい住いのお客様から、雨漏り調査の依頼がありました。

築30年の陸屋根のお宅で、以前に何度か補修してみたのですが、雨漏りが止まらないので本格的に見てもらおうと連絡をくれたそうです。

まずは、室内の様子を拝見しました。

かなり前からの雨漏りのようで、木部がシロアリに侵されていました。
陸屋根の補修跡
良く話を聞くと、かなり前から雨漏りはしていたようですが、素人ながら何度か補修してきたようですが、雨漏りが一向に止まらないために、もちは餅屋ではありませんが、専門業者に見てもらおうとなり、ネットでいろいろ探した中で弊社に連絡をくれたそうです。

ここまで、白アリに侵されているのは、久々に見ました。

木造であれば、家が傾いているのではと思うくらいです。
防水シートのよじれ
守りの場所を確認した後で、屋根にのぼってみます。

今まで、何度も補修を繰り返していますので、状況が確認しづらい状態でした。

ただ、防水シートが浮いてしまい、中に空気が溜まり膨らんでいる状態です。

一部は、よじれてしまっている状態です。

屋根の縁の部分も、怪しい所が多く、コーキングが劣化し隙間ができていました。
防水シートのよじれ
この部分は、比較的に下地にくっついている方ですが、それでも、シワになっている所があります。

ほぼ、全体を補修しているので、原因を特定するのが非常に難しい状況です。

屋根に関しては、正確に状況を見たいので、変にさわってしまうと原因が分かりずらくなるので、何もさわらない状態でご連絡頂いた方が助かります。
陸屋根の補修跡
ここも、見た目はかなりしっかりと補修されているように見えますが、この下の部屋も雨漏りが止まっていません。

シートの立上りも浮いており、斜めになってしまうほど浮きが凄い状況です。

小さな隙間からでも雨は侵入してしまいますので、シートの中に雨が廻ってしまいます。

今の状況で、シートを剥がした時にどこまで傷んでいるかは、分かりませんが、水がある程度自由に走ってしまいます。
ドレン廻りの劣化
ここは、ドレンという排水口です。

ここも随分補修した後がありますが、実際止まっているかは分からない状況です。


2階の全部屋が雨漏りしている状態で、屋根を調査致しましたが、何度も補修を繰り返されているために
実際、どこから漏れているというのが、特定しずらくなっている状況です。
部分的にというのは、難しく、全体をやりかえるしかないと思います。
既存のシートを剥がし、下地を補修してから、通気緩衝工法によるお手入れがベストだと思います。

屋根の事での心配事がありましたら、街の屋根や名古屋南店をご指名下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957