オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市南区|屋根から白い塊が落ちてくるので見てもらえますか?


屋根の全景
名古屋市南区にお住いのお客様から「屋根から白い塊が落ちてくるので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

築26年の瓦屋根のお宅です。これは瓦屋根の20年以上のお宅でよく聞く話です。

漆喰の欠片
早速お伺いして、屋根にのぼっていきます。

やはり地瓦と棟瓦の間の漆喰が取れています。

瓦自体はまだしっかりとしているようですが、漆喰の傷みがひどいですね。
漆喰の欠片
この部分は、漆喰が取れてから結構時間が経っているようで、苔が生えてきています。

瓦の中に土が入っていますが、その土が流れないように漆喰を塗っているのですが、漆喰とれ土に雨水が廻ってしまっています。
漆喰の剥がれ
まだ辛うじて土が原型をとどめていますが、一部に割れが見えますので崩れてくる可能性が高いです。

そうなる前に、補修をすれば問題ないと思います。
棟瓦と漆喰
写真でも分かると思いますが、漆喰が取れてしまった所だけ瓦が下がっています。

そうすると、瓦に隙間ができ雨水が入りやすくなりますので、さらに土が流れやすくなりますので、どんどん悪循環になります。
棟瓦と漆喰
ここは、かなり水が入ったようで、土が固まっておらず、ばらついた状態になっています。

これは土が流れてしまった時に、このような状態になります。
棟瓦のズレ
少しづつ土が流れ、瓦がずれてしまうと、棟の先端にあたるところが、口を開いてきます。

また、この隙間から雨が入りますので、瓦の落ち着きが悪くなりズレが生じます。
雨樋の詰まり
また、取れてしまった漆喰が、雨樋の中に溜まってしまい、詰まらせてしまっています。

樋の水が流れなくなると、先端の木部が傷んでしまいますので、樋の詰りもチェックする事が大事です。

屋根の事でお困りの際は、街の屋根や名古屋南店まで、ご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根の葺き替え

常滑市にお住まいのお客様から屋根の葺き替え依頼があり伺いました。築40年越えの2階建ての瓦を金属屋根にしたいとのこと。築年数と今後も使うことを考え、瓦よりも格段に軽いガルバリウムを強く希望されていました。>>屋根リフォームするなら地震に強い...........

離れの屋根の全景

江南市にて自宅の離れの屋根を、自分でシングル材で施工したが、先の事を考えると年なので、手のかからないカバー工事を考えているとご相談がありました。器用なご主人様でいろいろご自身でやってこられたそうですが、いい加減もうしんどいのでカバー工事を検...........

3c037eaba26a7823e4adc568eae562fb-1

こんにちは、街の屋根やさん名古屋南店の杉山です。本日は屋根の点検から漆喰の補修工事の流れを写真とあわせて紹介していきます。日進市の瓦屋根を点検した結果、漆喰の劣化があった為、補修工事をしていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957