オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区|破風板・軒天の点検依頼を受けました!


今回は、名古屋市南区にお住いのお客様より、軒天がだんだん黒く変色してきたので、1度点検をして欲しいと依頼がありました。
破風板コーキングの劣化
まずは、梯子をかけて屋根から確認しました。屋根の方は、特に問題なく、割れやズレとうは見られませんでした。
但し、破風板のコーキングが劣化しています。
破風板コーキング劣化2
左記の写真のアップ画像です。コーキングが劣化し、硬化して弾力性がなくなり、めくれ上がっています。この隙間より雨水が侵入し、軒天まで雨水が廻り腐食し始めています。
軒天の雨染み
黄色の部分のコーキングが劣化し、剥がれているところです。そこから雨水が入り、軒天の裏側から腐食し始めています。触ると、ブヨブヨした感じですので、塗装が出来ないのでこの部分は、張替が必要です。
軒天の雨染み2
他の軒天も確認したところ、数カ所同じような症状が出ているところが見受けられます。
破風板は、風雨が直接あたり傷みやすい部位の一つです。対応策としましては、既存のコーキングを1度剥ぎ取り、新しく打ち直すか、破風板自体も劣化が始まっていますので、ガルバリュームという板金で覆いかぶせてしまうかの選択になります。
板金でカバーすると、目地のコーキングが隠れてしまうので、こういった症状の改善になりますのと、長く塗装する必要がないので、コストパフォーマンスが良いと思います。

原因を直さずに、症状の出ている軒天だけを補修されている方も、たまに見られますが、元を直してからでないと、数年で同じ症状が出てしまいます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957