オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区|先日の雨で、雨漏りしたので見て欲しいと連絡がありました


屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、先日の雨で雨漏りしたので見て欲しいと連絡がありました。


築が40年近いお宅で、S瓦の屋根のお宅です。


S瓦は、洋風の瓦で、波の形状が大きくなっている瓦です。

瓦の補修痕

雨漏りしたという事なので、どんな状態かを確認するために、屋根にのぼってみます。


屋根には、コーキングががっちりと打たれていました。


ここまで、コーキングを打ってしまうと、瓦がずれないというメリットはありますが、瓦の重量が建物の負担になったり、側rの中に入った水の抜けばが無くなるといったデメリットもあります。

瓦の補修痕

以前にも側rの割れが結構あったようで、コーキングで補修されています。


この様なコーキングの使い方は問題ありませんが、瓦どうしを留めてしまう使い方は、あまりお勧め致しません。

瓦のひび割れ

建物は地震以外でも、結構揺れていますので、瓦どうしを留めてしまうと、瓦自体が動かなくなってしまうので、割れてしまう事があります。


もともと瓦は、地震の時には屋根から落ち、建物本体を守るように出来ています。


それを、固定してしまうと瓦の重量だけでも、数トンになるのに、さらに倍以上の重量が瞬間的にかかるので、建物が倒壊してしまいます。

瓦のずれ

こちらは、谷の部分の瓦がずれて、顔を出しています。


固定しづらい場所ではありますが、ずれてしまうと雨漏りの原因になってしまいます。

瓦のひび割れ

ここは、以前にひびが入っていたところをコーキングで補修した部分ですが、全体を固定してしまったので、瓦に負担がかかり、」せっかく補修した部分のひびが伸びてきています。


これだと、補修した意味がなくなってしまいますね。


新しくできたひびや割れから、雨水が侵入し雨漏りに繋がっています。


せっかく補修した事が、逆に負担を掛けてしまうケースもありますので、お手入れは慎重に、専門業者に相談しながら行って下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957