名古屋市南区|台風の時に雨漏りしたので見て欲しいと…


陸屋根の全景
名古屋市南区にお住いのお客様から「台風で雨漏りしたので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

築年数が14年の陸屋根のお宅です。今回が初めての雨漏りだそうで、不安そうな声でご連絡頂いたのが印象的でした。
陸屋根の全景
早速お伺いして、屋根ののぼっていきます。

こちらの屋根は陸屋根という平らな屋根で、FRP防水で施工されているお宅でした。

これだけ広いと、ウレタン防水や、シート防水のケースが多いのですが、珍しくFRPで防水しています。
立上り部分
立上りも背が高いので、向きによっては苔などが生えていました。

風の通りが悪くなってしまうためと思われます。

ここの屋根に出ようとすると、部屋の中の高い位置に小窓があり、梯子でのぼって小窓を潜り抜けないといけないので大変です。

ご主人様も、覗くだけで、屋根にのぼった事はないとおっしゃっていました。

立上り部分
写真では分かりづらいのですが、気泡になっている所が3箇所ほどありました。

時期によって目立つ時と目立たない時があるそうで、今は目立たない方の時期のようです。
ドレン廻り
ドレン廻りにも苔が出ています。

どうしても雨と一緒にほこりなどの汚れも流れてくるので、他の部分よりも生えやすい場所になります。


トップコートの劣化
表面のトップコートも紫外線により剥がれてしまっている所がありました。

トップコートが剥がれてしまうと、FRPに直接紫外線が当たり、ひび割れが入りやすくなってしまいます。
外壁目地の劣化
屋根を拝見していて、雨漏りするほどではないような気がして、雨漏り箇所を確認していくと、壁からではないかと思い確認していくと、目地と呼ばれる次面コーキングが場所によってほとんど無くなっていました。
外壁目地の劣化
サイディングのジョイントの金物が見えています。

この金物が錆びてしまうと、一気に傷むスピードが早くなってしまいますので、こういった目地からの原因の方が、今回は可能性が高いと思います。

雨漏りだと屋根と思われる方が多いと思いますが、壁も原因になることもありますので、広い視野で見ていくことが大事です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957