オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市南区|屋根材はコロニアル。築30年。雨漏り調査。


コロニアルの全景
名古屋市南区にお住いのお客様から、雨漏りの調査依頼がありました。築30年のコロニアルのお宅です。

以前にも雨漏りしたらしく、直してもらったが、一時的には止まったが、また漏ってきたので連絡をくれたそうです。
コロニアルの全景
早速お伺いし、雨漏り調査を開始いたします。

頃に会うの寄棟の形状をしたお宅です。形はシンプルですので、雨漏りはしづらい形状ですが、年数的に考えると、雨漏りしてもおかしくない年数です。
コロニアルの補修跡
相当前に塗装をされたようですが、その面影は全くございませんでした。

跡はコロニアルの割れが非常に多く感じました。以前の雨漏りの時に補修はされているようですが、コーキングをかなりがっつりと打っています。
コロニアルの補修跡
割れている周辺を歩くと、ぐっと沈むところがあります。

コロニアルの防水もほとんど切れた状態ですので、下地にも水が廻り、木材がだいぶ弱っています。

腐食まではいっておりませんが、繰り返し水が入っていますので湿っている状態です。

木は、乾燥していると強いのですが、湿気を含むとしんなりとして強度が落ちてしまいます。
表面の苔
軒先には湿気が溜まってしまうために、苔の発生が目立ちます。

前回のお手入れの際に、棟の板金を交換されたようですが、釘の止め方が、天打ちと呼ばれる上から打つやり方で施工されています。

これでは、釘の所から雨は伝わってしまい、中の木材を傷めてしまいます。
表面の苔
通常は、横の面に釘を打っていくのが普通です。

少しでも、雨の入るリスクを小さくするよう考えて施工していきます。

屋根は建物を守る大事な部分ですので、いい加減な工事は出来ません。

ここまでの状態になってしまうと、カバー工法も難しくなってしまいます。

これ以上傷むと、コロニアルをいったん剥がしてから、新しい屋根を葺くやり方になってしまいます。

どちらが良いかを判断するのはお客様ですが、費用面でいうとカバー工法の方が予算を押えることができます。

早めのご決断が必要ですとお伝えいたしました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根の葺き替え

常滑市にお住まいのお客様から屋根の葺き替え依頼があり伺いました。築40年越えの2階建ての瓦を金属屋根にしたいとのこと。築年数と今後も使うことを考え、瓦よりも格段に軽いガルバリウムを強く希望されていました。>>屋根リフォームするなら地震に強い...........

離れの屋根の全景

江南市にて自宅の離れの屋根を、自分でシングル材で施工したが、先の事を考えると年なので、手のかからないカバー工事を考えているとご相談がありました。器用なご主人様でいろいろご自身でやってこられたそうですが、いい加減もうしんどいのでカバー工事を検...........

3c037eaba26a7823e4adc568eae562fb-1

こんにちは、街の屋根やさん名古屋南店の杉山です。本日は屋根の点検から漆喰の補修工事の流れを写真とあわせて紹介していきます。日進市の瓦屋根を点検した結果、漆喰の劣化があった為、補修工事をしていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957