オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市緑区にて築40年の陸屋根で雨漏りし調査依頼がありました


室内の雨漏り状況
名古屋市緑区にお住いのお客様から「築40年の陸屋根ですが、雨漏りが酷くなってきたので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

前に漏った時は自分で補修して止まりましたが、今回は止まらなかったので連絡をくれたそうです。

早速、お伺いし室内の様子から確認していきます。
室内の雨漏り状況
天井が落ちそうになったので、ご主人様が自分で天井に板を張っていました。

その下のクロスの剥がれ方を見ると、かなりの量の雨が入ったとみられます。

以前は染みだけだったそうですが、今回のは天井が膨らむくらいになったので、慌てて板を張られたようです。


屋根の全景
雨漏りしている位置を、頭に入れ、屋根にのぼって確認していきます。

陸屋根では珍しくFRP防水をされている屋根でした。

これだけの広さになると、ウレタン防水で施工されるケースが多いです。

どちらも、防水性は高いのですが、紫外線には弱いので、トップコートを塗り、紫外線から防水層を守ります。
屋根の全景
トップコートはあまり長くはもちませんので、5~6年周期で繰り返し塗りことが必要ですが、見たところトップコートの塗り替えはされていないようです。

ですので、表面にはFRPの繊維状の素地が見えています。

この状態で長く放っておくと、FRPがひび割れ躯体に水が廻ってしまいます。
排水ドレン周辺
もともとのトップコートの色は、もっと濃いグレーですが、レ化してしまい色も薄くなっています。

コーナー部分には、ほこりなどが溜まりカビが生えています。

繊維状のFRPの素地が見えるところが多いですね。
排水ドレン周辺
排水ドレンの周りには黒カビが出ています。

水が集まる場所になりますので、カビなども出やすい環境になってしまいます。

勾配が緩いので、水の流れが緩やかなのも原因の一つかもしれません。

塗膜の剥がれ
屋根の外側の塗膜が剥がれてしまっています。

それにつられ、防水層の部分も剥がれかけているのが分かります。

コンクリートは水を吸い込んでしまうため、このように塗膜が剥がれると雨水が浸みてしまいます。
下屋根の補修跡
こちらは、ご主人様が雨漏りの原因と思われるところをコーキングで補修した部分になります。

最近では、ホームセンターでいろんな道具や材料が手に入るため、ご自身で補修される方が増えています。

特に雨漏りの場合は、補修しても止まらない時に、原因が分かりづらくなることが多いので、できたら補修する前に呼んで頂いた方が、原因が分かりやすいので助かります。

あきらかに穴が開いていたりする時はまだいいですが、どこか分からない時は、早い段階で業者に任せましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根の葺き替え

常滑市にお住まいのお客様から屋根の葺き替え依頼があり伺いました。築40年越えの2階建ての瓦を金属屋根にしたいとのこと。築年数と今後も使うことを考え、瓦よりも格段に軽いガルバリウムを強く希望されていました。>>屋根リフォームするなら地震に強い...........

離れの屋根の全景

江南市にて自宅の離れの屋根を、自分でシングル材で施工したが、先の事を考えると年なので、手のかからないカバー工事を考えているとご相談がありました。器用なご主人様でいろいろご自身でやってこられたそうですが、いい加減もうしんどいのでカバー工事を検...........

3c037eaba26a7823e4adc568eae562fb-1

こんにちは、街の屋根やさん名古屋南店の杉山です。本日は屋根の点検から漆喰の補修工事の流れを写真とあわせて紹介していきます。日進市の瓦屋根を点検した結果、漆喰の劣化があった為、補修工事をしていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957