オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区鳴海町|ガルバリウム鋼板のカバールーフ工法屋根施工途中!


カバールーフ工法の実況中継をお送りします。(今回で4回目)

前回は、既存スレート(カラーベストもしくは、コロニアル)の上に

コンパネ(構造用合板)を屋根全面に打ち付けが終わりました。

弊社の仕様は、厚さ12㎜のコンパネを使うのが、標準仕様とご説明も

させていただきました。

次のルーフィング貼りの工程も2階屋根まで終わりました。
ルーフィングとは‥
(ゴムアスシートもしくは、改質アスファルトルーフィングという防水の役割を果たすシート)
を弊社は使うとのご説明もさせていただきました。

複雑な屋根形状なので、谷樋(2つの勾配屋根の下部の先端に出来る溝型の部分、俗にいう谷)
が2本ありますが、そこの板金加工も終わったとの報告で、ブログを締めくくらさせて
いただきました。

その模様がこれです!!

            
ルーフィング貼り

思い出していただけましたか?
今回は、さらに細かい部分の板金加工処理の状況を見ていただきます。

なぜかというと、本体瓦を葺き終わってしまうと、隠れて見えなく
なってしまう部分なので、重要だからですYO!!

手抜き工事は、今時もうないですが、よそ様のことは私には、わかりません (-_-;)

弊社では当たり前にキチンとやってるので、弊社の標準工事をご覧ください。
捨て水切り
赤矢印部分が捨水切板金です。
(捨水切とは‥本来、防水シートの施工で雨水は入らないようになってますが、屋根材・防水シートだけだと雨水を防ぐ事が難しい箇所には、屋根材の下の下地に水が入るのを防ぐための板金加工を捨水切と呼びます。)
重要です!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957