名古屋市緑区|台風が来る前に屋根を見て欲しいのですが…


屋根の全景
名古屋市緑区にお住いのお客様から「台風前に屋根を見て欲しいのですが、大丈夫でしょうか?」という連絡が来ました。

ここ2~3日で同じようなお問い合わせが一気に増えました。皆さんも台風は気にされるようです。
瓦の状態
こちらの屋根は、築27年のS瓦で葺いた屋根のお宅です。

一見綺麗に見えますが、27年経っていますで何もないことはないと思いますので、しっかりと見ていきます。

もともとズレにくい瓦ではありますが、大きなズレは無さそうです。
瓦のひび割れ
良く見ていくと、ひび割れた瓦や、完全に割れてしまっている瓦がありました。

天気が良すぎて光ってしまい見えずらかったのですが、だんだんと目が慣れてくると悪い所が目に入ってきます。
瓦の重ね部分
ちょっとしたズレですが、本来隠れている部分が見えてしまっています。

この写真だけだと、あまり傷んではいないように見えますが、傷んでいる所もありますので、見逃さないように丁寧に見ていきます。
ケラバ瓦の釘浮き
台風の事を心配されていましたので、影響を受けそうなところを見ていきます。

ケラバと言う屋根の端部分にあたる役物の瓦ですが、横から釘で固定していますが、釘が飛び出ている所が随分ありました。

屋根の端になるので、風を受ける場所になりますので、台風時は注意して欲しい場所の一つです。
ケラバ瓦の釘浮き
少し引いた写真ですが、ほとんどの釘が飛び出ています。

釘が抜けてしまうと、瓦が外れ落ちてしまいます。

写真の場所ですと、1階の瓦に落ちると、割れてしまいますし、道路に面している所ですと、人にけがをさせてしまう事も十分あり得ますので、一応釘は打ち込んでおきました。
瓦の下地確認
瓦のズレが大きなところを、一部めくってみました。

やはり雨が入った形跡があります。

防水紙が経年劣化により防水性が無くなっていますので水が入った部分は染みになっていました。
瓦の下地確認
瓦を引っかけている桟木という細い木材にも雨がついた跡がありますので、腐食まではいってはいませんが、弱くなってきています。

この桟木が折れたりすると、引っかけている瓦も落ちて下がってしまうので大事な所です。

台風で心配される部分は、一時的な手当てをしましたが、瓦も寿命を迎えていますので、早めにお手入れが必要です。

その際は、街の屋根や名古屋南店にご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957