オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|最近地震の事が心配で、うちの屋根は…


屋根の全景
名古屋市緑区にお住いのお客様から、最近地震の事が心配になってきて、うちの瓦の事が気になってきて連絡を頂きました。


S瓦をのせているお宅でしたので、重量などが気になったようです。
棟瓦
築年数はまだ14年ほどですので、新しい方だと思います。

具体的にどこかが気になるという事ではないようなので、全体的に確認していきます。


では、上から順番に見ていきましょう。
ケラバ

まずは、棟瓦から見ていきます。


瓦のずれは無いようですし、瓦を止めているビスの緩みもないようです。


漆喰も、一通り確認しましたが特に傷んでる様子はなく、綺麗な状態でした。


また、ケラバを止めているビスも緩みは無く、しっかりと止まっています。

隅棟

ここは、隅棟の先端にあたる部分ですが、漆喰もしっかり入っていて、問題ありません。


この部分は特に、鳥が巣を作りやすい場所になりますが、まったく巣はありませんでした。

軒先と雨樋

雨樋も綺麗な状態でした。


最近の樋は、昔の半丸タイプの物より大きくなっていますので、鳥が巣を作る事が多くなっています。


巣が無くても、作ろうとして藁を運んでくるので、これが樋の中の水の流れを悪くして詰まりの原因にもなります。

雨押え板金

ここは、外壁と屋根の取り合い部分になる、雨押さえという板金の部分です。


ここも、屋根の部位としては、雨漏りの原因になる事が多い場所です。


こちらは、釘もしっかりと止まっていて浮いている所もなく板金と瓦の間にも面度と呼ばれるパッキンもしっかりと入っていましたので、問題なさそうです。


重量的には、瓦ですのでそれなりの重さはありますが、、しっかりと施工されていますので、傷みによる不具合はありませんので、それほど気にされなくても大丈夫です。


お客様も、これだけしっかりと見てくれて大丈夫と言われると安心出来ますと言っていました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トイレの天井が抜け落ちた

東区のビルの管理会社から雨漏り調査の依頼がありました。最近の大雨で3階のトイレの天井が雨漏りし、抜け落ちてしまったそうです。数日前までは何ともなかったそうですが、見回りに行った際に水浸しになっていてびっくりされ、すぐにネットで調べ連絡をくれ...........

シングル材の屋根

以前、弥富市にお住いのお客様で、「台風で屋根が飛んでしまった。まだ築10年ですが、このくらいの年数でも屋根って飛んでしまうのですか?」というお問い合わせがありました。よく聞くとアスファルトシングル材の屋根でした。

平板瓦点検

大治町で瓦が一枚飛んだので屋根修理をして欲しいと依頼があり点検に行ってきました。かなり急勾配の平版の瓦で珍しい屋根でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957