オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|工場のスレート以外の屋根も見てもらえますか?


瓦棒の全景
先日、屋根の診断依頼を受けた工場のお客様ですが、スレート以外の部分も見てもらえますかと聞いてこられてので、瓦棒葺きの部分も、一緒に見ることになりました。
瓦棒の全景
ご覧のように、勾配があまり取れない為、トタンで瓦棒葺きの屋根になります。

10年近く前に、一度塗装をされているようですが、塗膜が結構剥がれてきていますね。

瓦棒の塗膜の剥がれ

こちらは、塗膜が剥がれ、前の色が出てしまっている所です。


青く見えるのが、前の屋根の色です。


気泡のように膨らみ、塗膜が割れてしまう現象です。

瓦棒の塗膜の剥がれ

この様な現象が出てきますと、トタンは金属なので、熱により収縮しますので、塗膜が割れてしまい、そこから、どんどん剥がれてしまいます。


そうなると、錆びの原因にもなりますので注意が必要です。

瓦棒の錆

こちらは少し錆が出ているようです。


トタンの場合、表面は塗装出来ますので錆を防ぐ事が出来ますが、裏側の結露による錆びは防ぐ事ができません。

表と裏、両方から錆びがでると、トタンが薄くなり本当に小さな穴があいてしまいます。

瓦棒の心木

こちらの瓦棒葺きは、三晃式とよばれるもので、出っ張りの部分に木材を使用せず、空洞になっている施工になります。


もともと瓦棒は雨漏りに強いと言われていますが、勾配が緩いケースが多く、トタン自体が傷んでしまい雨漏りする事があります。

瓦棒のケラバの釘浮き

こちらは、ケラバになりますが、板金を留めている釘が浮いています。


こういった隙間から、雨水が入り下地を傷めてしまう事があります。


こちらは、工場で建物の高さもあり、頻繁に見ることは難しいとは思いますが、2~3年ごとに見ていくことが大事になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

刈谷市にお住まいのお客様から「スレート屋根のケラバ部分が気になるのと、塗ってから11年経つので塗装の状態を見てほしい」という連絡がありました。ひどくなる前にお手入れした方が良いと思い、一度見てもらおうとなり連絡をくれたようです。

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957