名古屋市緑区|スレート屋根とベランダが気になるので見てもらえますか?


屋根の全景
名古屋市緑区にお住いのお客様から「スレート屋根とベランダが気になるので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

築17年経つそうですが、今まで何もしてこなかったので心配になり連絡をくれたそうです。
棟板金周辺
早速お伺いして、屋根にのぼって確認していきます。

17年何もされていまいという事で、スレートはかなり傷んでいました、

表面の防水は切れてしまい、色が薄くなり所どころにカビや苔が生えています。
表面の劣化
この部分は、表面の劣化が激しく、素地がでてきています。

素地の部分は、防水性がありませんので、雨を吸い込んでしまいスレートの劣化を早めます。

段々と脆くなってしまいますので、この先、割れに繋がってしまいますので注意が必要です。
スレートの割れ
スレートが割れているところが何か所かありました。

スレートは防水が切れてくると、強度が一気に落ちてきますので、ある時期を境に傷むスピードが早くなります。

あまりご存知ない方が多いと思いますので、覚えておいて下さい。
谷板金周辺の傷み
谷の部分もスレートを斜めにカットしますので、小口から雨水を吸い込みカビや苔が生えやすい場所の一つになります。

板金の継目がありますが、ズレ落ちてはいませんでしたのでここは安心できる場所です。
ベランダ防水の劣化
屋根と一緒にベランダも気になるとおっしゃっていましたので、ベランダに移動し、確認致します。

ベランダは、FRP防水で施工されていますが、表面のトップコートがかなり劣化しています。

ところどころ、うっすらとFRPの素地が見えてきていますので、注意が必要です。
ベランダ防水の劣化
FRP自体は非常に防水性に優れていますので、浴槽やボートなどによく使われていますが、紫外線に弱いので、必ずトップコートが必要になります。

トップコートはあまり寿命が長くありませんので、定期的にお手入れが必要になりますが、ご存知ない方も多く、雨漏りする場所の一つになっています。
ベランダ防水の劣化
あまり長く放っておくと、トップコートだけではなく、FRPからやり直さないといけなくなりますので、十分気を付けて下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

南区のユーザ様の近所の方から雨樋の相談の連絡がありました。良く話を聞くと、昨年の台風の時に工事をさせて頂いたお客様とお友達で、雨樋の水が裏の家にポタポタ落ちてくると云われ、ユーザー様に相談すると、私を紹介してくれ連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957