名古屋市緑区|工場の屋根が剥がれてしまったので直してほしい


屋根が剥がれた部分

名古屋市緑区で工場を管理している方から「屋根が剥がれてしまったので直してほしい」というお問い合わせがありました。


台風21号で剥がれた部分とは別の所が24号の時に剥がれてしまったようです。


以前にお伺いしていた工場ですが、24号の後でこんな風になっているとは思いませんでした。

屋根が剥がれた部分

前にお伺いした時には、この部分は何ともなかったのですが今回伺うと、別の部分の屋根がめくれていました。


しかも、雨樋も一緒に飛んで落ちています。


この樋は、かなり頑丈なタイプで、簡単には取れる事はありませんが、見事に割れて落ちています。


落ちた樋をよく見ると、泥のようなものがたくさん詰まっていたので、かなり重くなっていたのも関係していると思います。

剥がれた部分の境目

早速、剥がれた部分の屋根にのぼってみます。


下の屋根と違い、黒っぽい屋根なのでどこが剥がれているかが、分かりにくかったですが、先に進んでいくとありました!


と言うか、なんでこんな真ん中がめくれてしまっているのかな?と思いました。


一応、元々トタンの屋根でしたが、カバー工事をしている屋根ですが、軒先の仕舞いがわるいのか、軒先から風を受けて捲れてしまっています。

剥がれた部分の境目

写真の手前の部分が、屋根がめくれてしまい、防水紙がむき出しになっています。


似たような色をしていたので、離れたところから見たときは分かりにくかったですが、近づくとハゼがないので、捲れた部分がノメッとしてすぐに分かりました。


防水紙の下に、古い屋根がありますので、すぐに雨が漏る事は無いと思いますが、よく見ると、古い屋根の軒先が錆びて穴が開いていますので、雨は入ってしまうかもしれません。

残っている屋根

下の屋根と同様に、トタン屋根の上にカバーする工事をしていますが、若干、ハゼの仕舞い方が違うような気がします。


そのためか分かりませんが、ハゼの部分が下の屋根よりも柔らかく感じました。

残っている屋根

ハゼ式のカバー工事している屋根が、結構剥がれているようで最近では、ビスで固定するタイプの物が増えてきています。


写真でもわかると思いますが、ハゼの部分が歪んでしまっています。


少し前に工事をしているようですので、最近使われているものよりも薄いものが使われているようですね。

屋根の全景

これだけの規模で、更に一度カバーした屋根をやり直すには職人が限られてしまいます。


経験豊富な職人でないと、また同じ事がおきてしまう可能性があります。


そんな時は街の屋根や名古屋南店にご相談下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

南区のユーザ様の近所の方から雨樋の相談の連絡がありました。良く話を聞くと、昨年の台風の時に工事をさせて頂いたお客様とお友達で、雨樋の水が裏の家にポタポタ落ちてくると云われ、ユーザー様に相談すると、私を紹介してくれ連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957