オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|今回の台風で瓦が飛んでしまった方 無理しないでください!


室内の雨漏り
今回の台風の影響で、名古屋市緑区の方から多くのお問い合わせがありました。

中でも、瓦が飛んでしまったという内容の方がとても多かったです。

よくニュースでも見かけることがありますが、ご自身で何とかしようと屋根にのぼり、ケガをされたり、命を落とされたりすることがあります。
室内の雨漏り
晴れた日でも、危険なのに、台風で屋根にのぼることは自殺行為に近いので、控えて頂きたいと思います。

私共も、台風の最中には屋根にのぼるのは控えています。

怪我をしてご迷惑をおかけわけにもいきませんので、慎重にさせて頂いています。
スレート棟板金の飛散
雨漏りの原因で多いのが、スレート屋根の板金が飛んでしまい、下地がむき出しになった状態に気づかず雨漏りするケースが多くあります。

なかなか見えない部分になりますので、飛んでしまった方は気が付かない事が多いですし、飛んでこられた方、もどこの部分が来たか分からずに放置してしまう方が多いようです。
スレート棟板金の飛散
ご近所の方から教えてもらったという方が多いですね。

皆様も2階の部屋から、このような屋根を見かけたら、勇気をもって教えてあげて欲しいと思います。

板金が飛んで、すぐに漏れることも少ないので、早めに分かればお手入れ方法や金額なども抑えることが出来ます。
瓦の浮き
瓦の場合は、瓦が浮いたり、ずれたりして隙間ができ、そこから雨が侵入する場合と、浮いた瓦が風により飛んでしまい下地が丸見えの状態になり、雨漏りしてしまう事です。

瓦の場合は、重量がありますので比較的に遠くまでは飛ばないので、気づかれることが多いようです。
瓦の浮き・ズレ
瓦が飛んでいなくても、浮いてしまったり、ずれたりして大きな隙間ができ、徐々に下地が傷み雨漏りするケースもありますので、定期的に瓦を見てもらう事は大事です。

ちょっとしたことで、雨漏りを防ぐ事が出来ることもありますので、定期的に見てもらう事をお奨め致します。
天井板の抜け落ち
雨漏りにもいろいろあり、毎回する事もあれば、たまにしかしないケースもあります。

たまにしか雨漏りしない場合は、何となく放置される方もおらっしゃいますが、突然、写真のように天井の板が抜け落ちてくる事もありますので注意して下さい!
雨漏りによるクロスの剥がれ
また、クロスが膨れたり、剥がれてしまう事もあります。

クロスの下地には、プラスターボードという石膏ボードを使っている事が多いので、水に濡れてしまうとぶよぶよになってしまいますので、張替えなければいけなくなり、その分予算もかかってしまいます。

屋根に関しては、雨漏りするまでは、大丈夫と思っている方がほとんどだと思います。

屋根の事でのお悩みやご相談は、街の屋根や名古屋南店までご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957