オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|築40年の和瓦の雨漏り調査の依頼がありました


屋根の全景
名古屋市緑区にお住いのお客様から、雨漏り調査の依頼がありました。

築40年の和瓦のお宅で、亡くなったお父様が建てられ、何度か増築をされるそうです。大事にされている建物なので、雨漏り調査の連絡をくれたそうです。
棟瓦の漆喰
お伺いした際に、雨漏りした場所を確認し、屋根にのぼっていきます。

屋根自体は、単純な切妻ですが3つの屋根がくっついていますので、それぞれの接合部が怪しいと思いますので、その辺をしっかり見ていきます。

まずは、棟の周辺ですが、瓦自体は大きなずれはありませんが、漆喰が傷んできているようです。
瓦の欠け
瓦のほうを見ていくと、欠けてしまいオレンジ色の土が見えています。

この土が出てしまうと、瓦が水を吸ってしまい脆くなってしまいます。

そうすると、瓦が脆くなり今度はひびが入ってしまいます。
瓦の欠け
ここは、瓦が差し替えられていますので、左右の瓦が違うようです。

欠けているのは、古い方の瓦になります。

よく見ると、表面の釉薬にも細かいひびが入っています。

この釉薬は、お茶碗と一緒で光って見えますので、離れた場所でみると、綺麗に見えます。
瓦のひび割れ
このようなひび割れが入っていても、光って見えるので、下からですと気が利かないと思います。

屋根にのぼって、初めて気が付くことができますので、定期的に屋根を確認する事をお奨め致します。
瓦のひび割れ
こういった横に入っているひびは、経年劣化によるものです。

事前に分かれば、瓦を交換したり出来ますが、気づかないとそのうち割れてしまい、雨漏りしてから気づく事になります。

瓦の下地
瓦の上を歩いていると、ふかふかする所がありましたので、瓦をめくってみました。

当時は、バラ板の上に杉皮を敷いて下地を作っていて、その上の土をのせ、瓦を葺いています。
瓦の下地
瓦がずれて大きな隙間があったので、もしやと思い瓦をめくってみると、鳥の巣がありました。

だいたい巣を作る場所は決まっているので、怪しいと思うときは確認するようにしています。

このような下地ですと、雨が入れば漏る可能性が高いので、下地から直さないといけませんね。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根にカバー用の金具取り付け

弥富市にて、強風被害に遭われたお客様のスレートのカバー工事が終わり、既存のスレートに太陽光パネルが載っていましたので、カバー工事をした後で、屋根に穴をあけずに太陽光パネルを復旧致します。スワロー工業のカバー用金具を取り付けて行きます。

太陽光パネルがある屋根

愛知県弥富市にて太陽光パネルがある屋根で棟瓦が飛んだケース今回は全5話になります。台風が過ぎてだいぶ経ったある日、当社の顧客様から私の携帯宛に一本の電話がありました。「はい、菖蒲田(ショウブダ)です。お世話になっております」「もしもし、菖蒲...........

屋根板金

名古屋市は緑区で、前に棟板金をサービス補修したお宅から、そろそろ色々気になってきたので診て欲しいとの事で行って参りました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957