オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|倉庫兼事務所の雨漏り調査の依頼がありました


屋根の全景
名古屋市緑区にある倉庫兼事務所から、雨漏り調査の依頼がありました。

おなじ屋根は折半屋根で前のオーナー様がいつごろ手を入れたか分からないとおっしゃっていました。原因を調べて直したいと思い連絡をくれたそうです。
屋根の全景
同じ折半屋根でも、サイズが少し違う折半を使用しているので、お手入れの仕方も微妙に違ってきます。

写真の上の方にある青色の折半は、通称88折半と呼ばれるタイプのものです。

山の高さが88㎜の物をさします。
屋根の錆
下の方の折半屋根は、一回り大きなタイプのようですが、今はあまり使われていないのか、カタログにも載っていない中途半端な高さの物です。

ご覧のように錆がかなりひどい状態です。
ゴミの詰りによる水溜り
ボルト部分のパッキンも劣化してしまい、ほとんどが潰れすぎた状態になっていました。

ナットを締めすぎたかは分かりませんが、明らかにつぶし過ぎです。

せっかくパッキンをして水が入りにくいようにしているのですが、劣化すると隙間ができてしまい、水が入ってしまいます。
屋根の錆
塗膜も劣化してしまい、刷毛の跡が見えています。

そうすると、錆が出てしまい、屋根の強度が落ちてしまいます。

錆が侵攻すると、トタンが薄くなり、重ねの部分が熱により収縮し、波を打つようになり、そこから水が入り雨漏りしてしまいます。
施工ミス?
アイ所の施工時にボルトの位置を間違えたのか、一列に並んでおらず、ナットのついていないボルトが結構あります。

一応コーキングで補修はしていますが、劣化してしまい隙間ができている部分があります。

これでは雨漏りするのもうなづけます。

施工ミスであれば、カバーをして隠してしまうのが一番良い方法だと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根にカバー用の金具取り付け

弥富市にて、強風被害に遭われたお客様のスレートのカバー工事が終わり、既存のスレートに太陽光パネルが載っていましたので、カバー工事をした後で、屋根に穴をあけずに太陽光パネルを復旧致します。スワロー工業のカバー用金具を取り付けて行きます。

太陽光パネルがある屋根

愛知県弥富市にて太陽光パネルがある屋根で棟瓦が飛んだケース今回は全5話になります。台風が過ぎてだいぶ経ったある日、当社の顧客様から私の携帯宛に一本の電話がありました。「はい、菖蒲田(ショウブダ)です。お世話になっております」「もしもし、菖蒲...........

屋根板金

名古屋市は緑区で、前に棟板金をサービス補修したお宅から、そろそろ色々気になってきたので診て欲しいとの事で行って参りました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957