オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|築40年の和瓦。1階の屋根。雨漏り調査。


下屋根
名古屋市緑区にお住いのお客様から、雨漏りの調査依頼がありました。築年数が40年の和瓦のお宅で、1階の部屋で雨漏りされたようです。

2階の部屋は、何ともないようですので、1階の屋根が原因の可能性が高いですね。
下屋根の棟
今まで、何度かはお手入れされているそうですが、直近でいうと10年ほど前になるそうです。

その時は、主に漆喰をされたようですが、10年経ちますのでそれなりに痛みや汚れが出ています。

ただ、見たところ雨漏りに関係するほどは傷んではいません。割れて剥離したり、穴が開いていたりしている場所はありませんでした。
下屋根の棟
本棟から隅棟が出ている部分ですが、こちらも漆喰が取れかかっています。

これ以上、状況が進むと雨漏りの原因になることがありますので、早めに補修はした方が良いですね。
瓦のズレ
ここは、瓦の端の部分ですが、瓦のズレが見られます。

上から見ると分かりませんが、下から見ると重ねの所に隙間ができているのが分かります。

良く鳥が巣を作るのもこの辺りが経験上多いです。鳥が入るスペースがあるという事は雨も当然入ってしまいます。
瓦の下地
粟原の上を歩いていると、部分的にたわむところがありましたので、瓦をめくってみました。

昔ながらの杉皮の上に土をのせて瓦を安定させるやり方のようです。

土は乾燥していると固いのですが、雨が入り濡れてしまうと脆くなり、崩れてしまいます。
瓦の下地
そうすると、杉皮も濡れてしまい、繰り返すことで脆くなってしまいます。

場所的に、雨漏りしている部屋の近くですので、こういった所が原因のようです。

下地を直すには、一度瓦を降ろさなくてはいけませんので、瓦も軽量のものがお奨めですとご提案させて頂きました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957