オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市東区|台風の影響で棟の板金が飛んでしまいました


棟板金が飛んだ部分の養生
名古屋市東区にお住いのお客様から「台風の影響で、板金が飛んでしまったので直してほしい」というお問い合わせがありました。

3階建てスレート屋根で、しかもお父様が自分で養生をされていました。
棟板金が飛んだ部分の養生
土のうが砂ではなく、水を含ませると膨らむタイプの土のうをたかっていましたが、水が流れていましたので、あまり長くもたないと思いました。

初めてのことにしては上手にされていました。

後は、他の部分を確認していきます。
スレート屋根の全景
築年数が20年を越えているようですので、それなりの傷みが見受けられます。

板金が飛ばされた際にスレートに板金があたり、傷をつけてしまっています。

ただでさえ、塗膜が劣化していますので、傷がついた部分は雨が浸みやすくなってしまいます。
板金が単打際の傷と割れ
よく見ると、欠けている所もありました。

幸い1カ所だけのようでしたので、大きな被害にはなっていませんでした。

他の部分にはひび割れはほとんどありませんでした。

このくらいの年数のスレートの場合は、ひび割れが多く見受けることが多いのですが、こちらのお宅では大丈夫のようです。
板金の釘浮き
他の板金の部分も確認していきます。

残っている板金も釘が浮いている所が多数ありました。

実際、よくこれだけで済んだなぁという印象です。

板金を止めている釘が浮いてしまうのは、中の板が腐食してしまっている事が多く、中には板を止めている釘も抜けてしまっている事もあります。
板金の釘浮き
何カ所かの釘を指で押してみると、元に戻ってしまいます。

全く効いている感じがしません。

以前は、板金を剥がし、中の板の状態を確認していたこともありましたが、復旧出来ない事も多くありましたので、最近はあえてしないようにしています。
スレートの浮き
先程は割れが無いと言っていましたが、割れる前の症状の浮きはかなりの範囲で出ていました。

ちょうど重ねの部分の影が太く見えますので、誰でも見ればすぐに分かると思います。

全体的に浮きが多く、慣れない方は分かりにくいかもしれませんので、浮いているスレートの片方を押えてみました。
スレートの浮き
こちらが、その写真になります。

こうなると、浮いているのが分かりやすいと思います。

実際に定規を当ててみると、1㎝以上浮いている所がたくさんありました。

このような状態から、今度はだんだんと割れてきます。

自分の家の屋根が、こんな状態になっているとは、誰も想像していないと思います。

皆さんも、何か事がおきる前に屋根を見た方が良いと思います。

頼めるところがないときは、街の屋根や名古屋南店までご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トイレの天井が抜け落ちた

東区のビルの管理会社から雨漏り調査の依頼がありました。最近の大雨で3階のトイレの天井が雨漏りし、抜け落ちてしまったそうです。数日前までは何ともなかったそうですが、見回りに行った際に水浸しになっていてびっくりされ、すぐにネットで調べ連絡をくれ...........

シングル材の屋根

以前、弥富市にお住いのお客様で、「台風で屋根が飛んでしまった。まだ築10年ですが、このくらいの年数でも屋根って飛んでしまうのですか?」というお問い合わせがありました。よく聞くとアスファルトシングル材の屋根でした。

平板瓦点検

大治町で瓦が一枚飛んだので屋根修理をして欲しいと依頼があり点検に行ってきました。かなり急勾配の平版の瓦で珍しい屋根でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957