オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市東区|雨漏り調査依頼でお伺い致しました。3階建て陸屋根


室内の雨染み
名古屋市東区にお住いのお客様から雨漏り調査の依頼がありました。3階建の陸屋根のお宅で、以前にも雨漏りしていましたがだんだんと酷くなってきたので、いい加減直そうと思い連絡をくれたそうです。
室内の雨染み
まずは室内を拝見いたしました。

ちょうど階段部分の壁の所が、雨漏りによりクロスが剥がれていました。

場所によっては大きく剥がれている所もあり、結構な量の雨が漏れていたと思います。
屋上の防水状況
場所を屋根に変えて、確認していきます。

屋根が陸屋根という形状で、平らな屋根になります。

こういった屋根は、勾配がある屋根と違い、一旦雨を受けて排水口から流れますので、防水の傷みも早く、お手入れの頻度も高くなってしまいます。
笠木の状況

見落としがちなのが、笠木と呼ばれる外周の立ち上がっている壁の上部にあたる板金部分です。


最近ですと、アルミ製の物が多くよほどの事がない限り問題ないのですが、以前は、板金で加工している事が多く、留め方により様々なケースで問題が起こってしまいます。

笠木の状況

トタン自体の錆びや釘の打ち方など、雨漏りに繋がる事が結構あります。


上から釘を打ち場合は、必ずコーキングで周りを埋め、釘の部分から雨の侵入を防ぐようにしないといけませんが、時間が経つにつれコーキングが劣化し、剥がれているケースがあります。


そのまま放置していると、釘から雨が侵入し、中の木材を腐食させてしまい、板金が飛んでしまう事があります。

陸屋根部分の防水の劣化

続いて、屋根の防水を見ていきます。


10年以上前にお手入れされているそうですが、トップコートもなくなりFRPの繊維が見えてきています。


FRP自体の防水性は非常に防水性は高いのですが、紫外線に弱いため、保護する意味でトップコートしていますが、保護している部分が劣化してしまい、せっかくの防水層が著しく落ちてしまいます。

陸屋根部分の防水の劣化

防水の立ち上がりの部分の角も、劣化が進んでいますので、気をつけないといけません。


特に、ドレンと言う排水口の周辺は、屋根で受けた雨水が集まってくる所になりますので、傷みやすいですし、雨漏りの原因になりやすい部分です。

陸屋根部分の防水の劣化

笠木の上に、瓦が載っていますが、ここも気にされていました。


どうしてもズレが出てしまうため、そこから雨が入り込んでしまわないかを心配しているようでした。


いろいろ怪しい所がありますが、どれも決定打にはならないので全体的なお手入れをした方が良いと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957