オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市熱田区|台風前に屋根の点検依頼がありました。


屋根の全景
名古屋市熱田区にお住いのお客様から、屋根の点検依頼がありました。

3年前に中古で購入されていますが、築が80年くらい経つので、瓦が大丈夫かが心配になり、台風も近づいているので見てもらおうとなり連絡をくれたそうです。
瓦のズレ
早速お伺いして、屋根を見ていきます。

築が80年経つそうですので、瓦もいぶし瓦を使用しており、当時は、かなり立派に見えたと思います。

80年経っていますので、それなりの劣化はしていますが、陶器瓦ですと、この程度では済んでいないと思います。
瓦のズレ
当時は、瓦の下に土を敷いて瓦を落ち着かせるやり方で施工していますが、長年経つ間に、瓦の中に水が侵入し、土に水がついて流れてしまい、瓦がずれています。

写真のように、4センチくらい下にずれている所や、瓦が回転するようにずれている所がありました。
鬼瓦の漆喰の劣化
ここは鬼瓦の部分になりますが、漆喰が剥がれており、鬼瓦と棟瓦の間から雨が入りやすくなっています。

棟瓦の中にも、土が入っていて瓦を安定させていますが、雨が入ることにより、土が流れ不安定になり、瓦がズレ隙間が大きくなってしまい、さらに雨が入りやすくなる悪循環になってしまいます。
瓦の劣化
ここは瓦が割れていました。

幸いにも、割れてはいますがピタッとはまっているので今現在はすぐに漏れるという事はないとは思いますが、予備の瓦があれば差し替えた方が良いですね。

予備の瓦が無い場合は、コーキングで一時的な補修をしておいた方が良いと思います。
瓦の劣化
割れてはいませんが、瓦の表面がかさぶたのように剥がれている瓦が多くありました。

経年劣化によるものです。

それだけ瓦自体が脆くなっていますので、歩く時も細心の注意をしながら歩きます。
やはり80年の時間が経っていますので、瓦自体は劣化して割れたりしていますが、幸いピタッとはまっています。

瓦のズレもかなりの数がありましたので、大きくずれたところは直しましたが、全部を直すことはできませんので、台風で強い雨と風が吹いた場合は、雨漏りする事も覚悟して頂いた方が良いと思います。

直近の台風には、間に合いませんので、出来る範囲の応急作業は致しましたが、完全ではないのでご承知下さい。

瓦自体が寿命になっていますので、全体をやりかえるのがベストだと思いますが、予算もあると思いますのでよくご検討下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957