オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市港区|築17年の陸屋根、点検依頼がありました


屋根の全景

名古屋市港区にお住いのお客様から屋根の点検依頼がありました。築17年の陸屋根のお宅です。


屋上に床が剥がれてきたみたいなので、気になりはじめ連絡をくれたそうです。


早速伺いまして、屋根にのぼっていきます。


屋根の全景
屋根にのぼって気になったのは、通常これくらいの広さの場合、ウレタン防水でされている事が多いのですが、こちらは、FRP防水で施工されていました。

あまり見ない光景なので、ちょっとびっくりしました。

理由は、防水性や衝撃性にはとても強いのですが、収縮性がほとんどありませんので、下地が収縮すると裂けてしまい、雨漏りの原因になってしまうからです。
ドレン廻り
ここは、排水ドレンの周辺になります。

屋根に溜まった雨が集まるところなので、傷みやすい場所の一つです。

雨が流れやすいように、溝を作るために角が多くなりますので劣化しやすくなります。
ドレン廻り
トップコートが剥がれてきています。

トップコートが剥がれてしまうと、FRPに紫外線があたりひびが入りやすくなりますので、注意が必要です。
FRPのトップコートの劣化
こちらはトップコートが剥がれてしまっています。

トップコートは一般的に5~6年ごとに塗って頂くのが理想ですが、なかなかされていないのが現状だと思います。
FRPのトップコートの劣化
ここまで、剥がれてしまいますと、FRPの素地に紫外線が当たりひび割れしやすくなります。

出来れば、このような状態になる前に、お手入れして頂きたいと思います。

トップコートのお手入れをされない場合は、再度、FRPからの工事になりかねませんし、そうなると金額も膨らんでしまいます。


立上り部分の劣化
あと、傷みやすいのが、立ち上がりの部分です。

この部分のトップコートが膨らんでいたり、剥がれていたりしているお宅をよく見かけます。


立上り部分の劣化
特に、溝になっている部分は、屋根で受けた雨が集まるところなので、こういう症状が出ると、一気に傷んでしまいます。

こういった陸屋根の場合は、勾配がある屋根と違い、雨漏りすると原因となる場所を特定するのが、非常に難しい屋根ですので、雨漏りする前に、十分なお手入れをして頂く事が理想です。


ご自身で、判断がつかない場合は、街の屋根や名古屋南店まで、お気軽にご相談下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957