オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市南区|週末に台風がきそうなので、屋根を見てもらえますか?


スレートの全景
名古屋市南区にお住いのお客様から「週末に台風が来そうなので、屋根を見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

築30年になるコロニアルのお宅です。今まで何とかもっていますが、さすがに不安を感じ、連絡をくれたそうです。
棟板金のコーキング
早速、お伺いし屋根にのぼってみます。

今まで、ほとんど手を入れていないという事でしたが、棟の板金廻りにコーキングが打ってありました。

三又の部分や、継目はいいのですが、板金とコロニアルの接地部分にもコーキングを打っていました。

ここにコーキングを打ってしまうと、中に入った雨の逃げ場が無くなり、木材を傷めてしまいます。
棟板金のコーキング
こちらが、その部分になります。


今まで、ここにコーキングを打っていたお宅は、ほぼ中の木材が腐食していました。釘はほとんど効いておらず、コーキングで辛うじてくっついている状態です。

今、板金を外してしまうと、復旧できなくなる可能性が高いので、台風も近づいていますので、今回はやめておきます。

スレートの欠け
これは、年数的にも仕方がないと思いますが、コロニアルが欠けたり、割れている部分があります。

30年という年数から見ると少ない方かもしれません。

但し、割れる前にコロニアル自体が反り上がっている数がめちゃくちゃ多いです。
スレートの浮き
あまりに浮いていましたので、定規で計ってみました。

なんと、15ミリも浮いています。

道理で、歩くとふわふわする感じがしました。

コロニアルの表面は、防水膜がなくなって素地が見えている状態ですので、さらに雨水を吸いやすくなっています。

浮きが大きくなると、割れに繋がってしまい、雨漏りのリスクが高まります。
軒先の浮き
軒先の部分も浮きが酷く、大きな隙間ができています。

軒先はどうしても湿気が溜まりやすい場所になりますので、傷みもほかの部分よりも進んでいる事が多いです。
軒先の苔
湿気が溜まると、苔が生えてきます。

誰も、自分の家の屋根に苔が生えているとは思ってもいないと思います。

普段は、下から見上げても雨樋で隠れてしまうので全く見えませんので、屋根にのぼらない限り気づくことはないと思います。

経験上、苔の塊が大きいほど、雨漏りされている家が多いです。

台風は関係なしに、いつもっていてもおかしくはない状態ですので、早急にお手入れして欲しい状況です。

塗装では正直持たないと思いますので、カバー工法がお奨めです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根点検

瀬戸市にて二階建て瓦屋根の点検を行いました。以前に、屋根は知り合いにメンテナンスしてもらったそうですが家が森に囲まれており葉っぱが積もっていたり落下物が当たって割れていないか心配されっていたので確認していきます。

屋根の全景

弥富市にお住まいのお客様から、棟の瓦が外れ、屋根の上に転がっているので直してほしいというお問い合わせがありました。先日の台風によって外れてしまったようです。その時に他の部分も大丈夫か見てほしいと依頼を受けました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957