オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区|まだ築6年なのですが、台風で屋根が一部飛んでしまい…


屋根の全景
名古屋市南区にお住いのお客様から「まだ築6年ですが、台風で屋根の一部が飛んでしまったので直してほしい」というお問い合わせがありました。

今では、あまり見かけなくなったアスファルトシングル材を使っているお宅です。
屋根材の剥がれ
ぱっと見は、スレートに見えると思いますが、実は、厚みのあるシートに天然石などを、張りつけてある屋根材です。

以前には、丸みのある屋根の形状などに使われていた屋根材ですが、最近では、ほとんど見かけない屋根材です。

1枚1枚を張っていくのですが、釘で固定した後に、接着剤で張り付けていきますが、表面が細かい石を張り付けていますので、とても剥がれやすく、すぐにペラペラしてしまいます。
屋根材の剥がれ

実際に屋根にのぼってみると、2箇所が剥がれていました。


接着が剥がれたところに風を受け、シートが切れてしまい地面に落ちてしまったようです。


お客様も、まだ6年しかたっていないので、まさか、自分の家の屋根が剥がれるとは想像もしていなかったそうです。

屋根材の接着材の剥がれ

念のために、まだ剥がれていないところもチェックしていきます。


やはりと言いますか、接着が取れてしまい簡単に捲れてしまう所がいくつもありました。


見た目だけでは分からないので、一通り写真のようにめくれるかを確認していきます。

屋根材の正常な状態

通常は、ご覧のようにしっかりと接着され、指で引っ掛けても浮く事はありません。


剥がれおちた面を一通り確認していくと、なんと、半数以上がめくれてしまう状況でした。


これには、私もびっくりしました。

屋根材の剥がれ

もともとこの屋根材には、良い印象はありませんでしたが、私の予想以上に劣化が早い状況でした。


今まで見てきたこの屋根材は10年以上経っている事が多く、傷みもひどく、ボロボロの状態で見る事が多かったのですが、若い築年数でこんな状態とは、ある程度予想はしていたものの、予想を超える状態でした。

屋根材の剥がれ

通常は、シートに打った釘を隠すように重ね幅を取り、次のシートを張っていきます。


重ねの部分がめくれてしまうと、その隙間に雨が侵入し釘についた雨は下地の板まで回ってしまうので、木材を傷めてしまいます。

屋根材の剥がれ

重ねの部分がめくれてしまうと、釘に水が付き、下地まで水が廻ってしまうので、木板がしけってしまい、放っておくと腐食してしまい、雨漏りに繋がってしまいます。


屋根の上の事ですので、普段は確認しようがありませんので、定期的に屋根を点検する事をお奨め致します。


どこに頼んでいいか分からず、困っている方は、街の屋根や名古屋南店までご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957