名古屋市南区|築35年の陸屋根 雨漏り調査の依頼がありました


室内の雨漏り
名古屋市南区にお住いのお客様から、雨漏り調査の依頼がありました。築年数が35年の陸屋根のお宅になります。

前にも何度か漏れたことがあったのですが、染みが大きくなってきたので、心配になり連絡をくれたそうです。

なるべく早く来てほしいという事でしたので、早速、お伺いいたしました。
室内の雨漏り
まず先に、室内の様子を確認致しました。

天井や壁に雨染みが出来ています。思っていたよりも大きな物でした。

大まかな位置を頭に入れ、屋根にのぼっていきます。
防水膜の劣化
ウレタン防水をされていたと思われますが、トップコートは劣化してしまい、かなりのムラになっていました。
             
それだけなら、まだ良かったのですが、シート自体も劣化してしまい、継目がめくれていたりしています。
シートの剥がれ
ご覧のように、継目が剥がれ、隙間が出来てしまっていますので、雨水が中に入ってしまいます。
             
そうする事で、シートの粘着が弱くなってしまい、剥がれてシワになっています。
排水経路の劣化
ここは、屋根の端になる部分で、雨が流れる樋のように溝になっている部分ですが、シートが破れてしまい穴が開いてしまっています。

個賠の下の部分になりますので、この部分の穴は、致命的なものになります。
排水経路の劣化
こちらのお宅は、とにかく溝の部分の劣化が目立ちます。

平場の部分が傷むよりも、溝が傷んでしまう方がダメージが大きくなってしまいます。
排水経路の劣化
こういった所から、雨水が入りますとシートの剥がれの原因にもなりますし、雨漏りにも直結してしまいます。

室内の漏れている箇所が、外周の部分が多かったので、溝の部分の劣化が原因になっていると思います。
ドレン廻りの劣化
ドレン廻りの部分も同様に劣化が激しいので、多聞に雨漏れの原因になっていると思います。

穴の開いている部分をさわってみると、中がぐずぐずしているような感じがしていましたので、お手入れの際は、シートをめくり、下地の補修をしないといけません。

いずれにしても、早い方が良いですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957