オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|築13年の化粧スレートの点検依頼がありました。


スレートの全景
名古屋市緑区にお住まいのお客様から、化粧スレートの点検依頼がありました。築13年のお宅です。

10年を超えてだんだんと気になってきたので、今回思い切って連絡をくれたそうです。

今までは、気にはなっていましたが、わざわざ見てもらうのもどうかと思い、そのままにしていたようです。
スレートの全景
早速、お伺いし屋根にのぼっていきます。

築13年のスレート屋根ですが、表面の塗膜が劣化してきています。

横から見ると、まだらに見えますので、劣化した部分は艶が無く、黒ずんで見えます。
棟板金
ここは、棟の部分になりますが、釘が少し浮いてきています。

まだ、数ミリ程度ですので、金槌でたたけばしっかりと効くと思います。

ただ、このままにしておくと、さらに釘が飛び出てきますので、板金が浮いてしまい、雨が入り込んで、中の木材を傷めてしまいます。
スレートの表面
鵜レートの表面に、白い部分が出てきていますが、これは塗膜の防水性が無くなり、劣化が進んでいく中で砂とセメントが剥離し、砂が剥がれてしまっている所です。

この部分は、防水がほとんど効いていませんので、反りや割れの原因になってきます。
ケラバ部分
ここは、ケラバの役物の中に差し込んでいるスレートが割れています。


なぜか、この部分が割れているケースが良くあります。


谷部分
ここは谷の部分ですが、受けている板金のズレはないようです。

意外と、板金の継目がズレ落ちて重なりがほとんどなくなっている事もあるんです。見落としがちな部分になりますので、しっかりとチェックします。
表面の劣化
横の継目が目立つところがありますが、これは、スレートが反ってしまい浮いたように見える部分で、影が濃く見えます。

浮いていない部分は、横の継目が目立ちません。
スレートの浮き
下から見上げる方が、分かりやすいかもしれません。

これも、影が濃くなり重なりの線が太く見えます。

まだ、反りも大きくはありませんので、今の内ですと塗装でも良いかと思いますが、長い目で見ると、カバー工法という選択もあります。

予算も変わってきますので、どちらにしても早い方が良いと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

刈谷市にお住まいのお客様から「スレート屋根のケラバ部分が気になるのと、塗ってから11年経つので塗装の状態を見てほしい」という連絡がありました。ひどくなる前にお手入れした方が良いと思い、一度見てもらおうとなり連絡をくれたようです。

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957