オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|雨漏りしたわけではないですが台風後で気になって…


屋根の全景
名古屋市緑区にお住いのお客様から「雨漏りしたわけではないですが、台風後で気になったので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

築13年の平板瓦のお宅です。

台風の後は気になりますとね。

こういった心配事のご相談も大歓迎です!
屋根の全景
早速お伺いし、屋根にのぼってみます。

もともとこの瓦は、防災瓦とも呼ばれ、台風や地震に強い瓦なんです。

それでも、直接ご自身で見れるところではないので、不安になる方も多いと思います。

直接の工事だけではなく、心配や不安に思っている方の取り除くことも仕事の内と思っていますので、大事に至る前に呼んでいただくことは大歓迎です。
棟とケラバの取り合い
上の方から順番に見ていきます。

棟は瓦を使用していますが、端の部分は板金で施工されています。

最近では、少しでも軽くするためか、こういった仕様の家が増えています。

棟瓦の中には、漆喰がしっかりと入っていますので、瓦を留めているビスの緩みもなくガッチリしています。
棟とケラバの取り合い
脚の部分の板金も釘浮きなどは見受けれません。

状態としては良いと思います。

棟との取り合い部分も、漆喰で隙間が無い状態になっていますので、台風の強い風でも大丈夫そうです。
谷板金の周辺
こちらのお宅は、谷がありますのでしっかりとチェックします。

谷の部分の瓦は、斜めにカットしますので、固定するが難しくズレ落ちている家が多くあります。

カットした瓦は、うまく固定されていました。腕に良い職人にあたっていたようです。
谷と雨樋
切り口も綺麗な直線になっていますので、見た目も綺麗ですし、雨も入りづらくなっています。

雨を受ける板金部も継目がずれたりはしていませんので。問題はありません。

2つの屋根から雨が集まるので、ちょっとした事で漏ってしまう事もあります。
雪止め金具
雪止め金具もしっかりと付いていますので、雪が降った時には活躍してくれます。

全体に、瓦の浮きやズレもないようです。

防災瓦は、隣の瓦と連結しながら固定していくので、和風の瓦よりはズレがでません。
棟瓦
棟瓦もしっかりと固定されていますので、蛇行している所はありません。

これくらい状態が良いと、台風が来ても心配されることはないでしょう。

屋根は、自分で見るのは危険を伴いますので、業者に依頼する事をお奨め致します。

その時は、街の屋根や名古屋南店に声を掛けて下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957