オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市緑区|築40年のスレートなのですが、心配なので見てもらえますか?


屋根の全景
名古屋市緑区にお住いのお客様から「築40年経つスレート屋根ですが、以前に塗装していても心配なので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

10年ほど前に塗装されていますが、雨漏りするのが怖くて、もともと心配性なのもあって連絡をくれたそうです。

棟付近のスレートの割れ
棟の板金付近にひび割れたスレートが目立ちました。

この部分は、人が乗る場所ではありませんので、経年劣化によるひび割れになります。

それと、塗装した後に棟の板金を交換されているようですが、付ける位置が少しずれてしまったようで、元の色が見えています。
棟付近のスレートの割れ
ここも、棟の板金の部分ですが、小さな割れがありました。

割れた小口を見ると、そんなに古い感じではなかったので、板金を交換した際に割れたものかもしれません。

板金を固定するために上から釘を打っていますので、その振動でという事も考えられます。
ケラバ板金の釘浮き
ケラバの部分になりますが、ここも上から釘を打っています。

この部分を上から打っているのは、ほとんど見ませんのでかなり珍しいと思います。
スレートの塗膜剥がれ
塗装されたのが10年ほど前になりますので、塗膜が剥がれている所が出てきています。

酷い所は、指で触ると簡単にめくれてしまいます。

剥がれないまでも、劣化により色むらが出ていますので、防水性はほとんどない状態です。
スレートのひび割れ
防水が切れたせいで、スレートが雨を吸い込んでしまい、だんだんと脆くなり、ひびが入ってしまいます。

ひびの周辺にも塗膜が剥がれている部分がありますので、余計に傷みやすい状況です。
スレートの浮き
スレートにひびが入る前の現象がこちらです。

スレートの両端が反り上がってしまい浮いたように見えてきます。

浮きが大きいお宅は、1㎝以上浮いている事もあります。

浮いたスレートの下は、釘が打ってありますので、雨が入り込んでしまうと釘から下地の木材に伝わり腐食させる原因になってしまいます。


軒先の苔

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957