名古屋市緑区|陸屋根の防水工事の進捗の確認に行きました!


通気緩衝シート貼
名古屋市緑区のお客様で陸屋根の防水工事をしている現場の進捗を確認に行ってきました。

普段は、お母様しかいませんので、作業工程を写真に撮り工事完了の際にお渡しできるように確認します。

前回は、元の屋根の下地補修までをお伝えいたしました。
ジョイントテープ貼
ここから、通気緩衝シートを貼っていきます。

普通のシートですと、全面が粘着するので、元の屋根に浸み込んだ湿気が蒸発してシート裏に溜り、気泡となってシートが膨らんでしまいます。

そうならないように、この通気緩衝シートは、粘着する部分としない部分が交互になっていますので、蒸発した空気が逃げるようになっていますので、シートが膨らむことはありません。
ウレタン防水1層目
シートの継目をジョイントテープで補強します。

クロス状になっていて、強度の強いテープですので、継目から剥がれることもありません。

空気を逃がす、脱気筒を設置した後で、やっとウレタン防水材を塗ることが出来ます。
ウレタン防水2層目
ウレタン防水材を全体に1度塗った後、よく乾燥させてもう一度ウレタン防水材を塗っていきます。

2回塗ることによって、塗膜に厚みを出すことが出来ます。
トップコート塗布

ウレタン防水材は、紫外線に弱いので、仕上げにトップコートを塗っていきます。


これで、紫外線からも守られ、新しい防水も長持ちするようになります。

作業完了

トップコートが完全に乾くと工事完了です。


以前と比べ、見違えるようになりました。


これで、雨漏りから解放され安心して頂けます。


お客様の喜んで頂いた顔が待ち遠しいです。



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957