オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市中区 通気緩衝シートを施工しました。その1


名古屋市中区にて『通気緩衝シート』を施工しました。
『通気緩衝シート』のあれこれをご紹介したいと思います。

屋上バルコニーや陸屋根などは何年も太陽の熱にさらされることになります。
そしてほんの少しの劣化から、水分が防水層に浸入します。その水分は熱で温められ、湿気となって防水層の外に出ようとします。もちろん脱気筒は設置しますがその処理能力以上に湿気が出た場合、防水層にふくらみができます。

『通気緩衝シート』とは簡単に言うと、その湿気を上手に逃がす手伝いをしてくれるシートです。
『通気緩衝シート』は半分密着して、半分は密着していません。
その密着していないところから、湿気を逃がしていきます。

自着シート
こちらが『通気緩衝シート』です。
これは自着といって、シールのようになっています。
通気緩衝シート2
シート自体はこんな感じです。
こちらははがす側の裏面です。
通気緩衝シート1
はがすとこんな感じです。
黒い部分がシールのようになっています。
通気緩衝シート3
厚みはこのくらい。
通気緩衝シート4
こんな風に曲がります。
貼った感じは次回のブログで書きたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957