オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市中区にて通気緩衝シートの施工。その2


名古屋市中区にて通気緩衝シートを施工をしました。
前回に続き、通気緩衝シートのご紹介していきます。
防水の施工はあまり見ることがないと思います。
どんな工程を経て、防水工事が進められていくのかご覧ください。

通気緩衝シート5
この通気緩衝シートにはマス目が印刷されていて、カットするときのガイドラインとなります。
近くで見るとこんな感じです。
通気緩衝シート6
前回のブログでも写真を載せましたが、こんな風に曲がります。とても扱いやすくできています。
通気緩衝シート7
そして、この通気緩衝シートをきれいに敷き詰めていきます。
ロールになっているので、カーペットを敷く要領で施工していきます。
通気緩衝シート8
全体の施工が完了しました。
ちょうどつなぎ目になるところは、メッシュテープで止めています。シワにならないように『ピンッ』と張って丁寧に施工していきます。
メッシュテープ
こちらが、メッシュテープです。
テープ自体がメッシュになっています。
メッシュテープ2
メッシュテープを貼ったところを拡大してみます。
シワもなく、きれいに貼れています。
職人さんにの丁寧な施工に感謝です。
この後、いよいよ防水工事に入っていきます。
どんなに優れた材料でも、いい加減に施工してしまえばその性能を発揮できなくなります。
丁寧な施工があってこそ、材料の性能が100%生かされます。
今後も丁寧な施工で、現場を進めていきたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

刈谷市にお住まいのお客様から「スレート屋根のケラバ部分が気になるのと、塗ってから11年経つので塗装の状態を見てほしい」という連絡がありました。ひどくなる前にお手入れした方が良いと思い、一度見てもらおうとなり連絡をくれたようです。

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957