オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市南区で陸屋根に小屋組みして、傾斜屋根を作る2


小屋組み1
小屋束(垂直に支えている木)、母屋(垂木を支える水平に組まれた木材)垂木(野地板を支える棟木から斜めに組まれている木材)棟木(屋根の頂点に水平にくまれている木材、太目のしっかりした木が使われる)と各部がしっかりと組まれました。台風や地震などで家が歪んだりしないように、斜めに筋交いも何本か入っています。垂木の上には野地板も貼られました。
小屋組み2
こちらがわもきれいに組まれています。棟木を支える小屋束もしっかり組まれています。
棟木は構造耐力的には母屋と同じ加重しかかかっていませんが、最も高い位置に収まるため小屋組みの象徴的な意味がこめられ棟木を納める事を上棟と呼び、上棟式と呼ばれる儀式を行うことも多いです。
棟木をささえる小屋束を棟束と呼びます。
金物
木材同士もしっかりと金物で固定されています。
これは山形プレートと呼び、柱と梁を固定してくれています。
こういった細かい金物を正しい位置にいれることで構造耐力が増します。


野地板
野地板を垂木に貼りました。
見た目もかなり傾斜屋根っぽくなりました。
あとはこれに防水紙を貼っていき金属の屋根をその上に貼れば完成です。
このあいだのパラペットとの接合部も板金できれいに巻いていきます。
今日はとりあえずここまでの作業になります。
それではまた明日!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957