オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|コロニアル 数年前にメンテナンスをしたが経年劣化


名古屋市 緑区|コロニアル 数年前にメンテナンスをしたが経年劣化がどんどん進んできて苔がすごいことになっています。防水性能を失うとこのように苔や時にはカビ 藻なども付着して屋根材自体を傷めてしまうのです。今回お伺いしたお客様の屋根材はコロニアルというものです。屋根形状は切妻屋根でした。

コロニアル
屋根に登って診断に入ります。軒先といわれるところで屋根の一番下に位置している部分です。
コロニアル
経年劣化により防水性能の低下に基づき苔が付着することがありますので、定期的な点検とメンテナンスはしっかりとしていただきたいものです。
コロニアル
軒天の陰になっているところはしっかりと苔が付着していました。
コロニアル
屋根材の下部の軒先に隠れて日陰になっているところはこんもりと苔が生えていました。この状態では強風での雨が降ったとき雨水の浸入の心配をいたします。
現状の
コロニアル
屋根の位置で言うと側面です。ここでの部位の名称は破風 防風 防水 防火 といろんなメリットが出てきます。他にもけどちすべてお家を守ってくれるものだと言うことを認識しほしいです。とおm
コロニアル
近くに接近して写真を撮りました。破風板にひび割れが確認されました。このままでは風からの影響をお家がしてしまうので、やはりメンテナンスが必要になってきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957