オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

北区にてアパートの瓦がずれ、雨漏りしたようなのでで見てほしい


屋根の全景
北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。

所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。
屋根の全景
始めに、ドローんを飛ばし、撮影致しました。

かなり画像も綺麗に取れますので、全体を撮影し、どこかおかしなところがないかを確認していきます。

棟の両端に鬼瓦が付いていますが、そのすぐ横の半丸状の瓦が外れ、無くなっていました。
瓦の浮き
角度を変えて撮影を進めていくと、瓦が浮いている部分が数か所ありました。

実際には、ipadで拡大しながら確認できますので、瓦のズレがかなり多く見られました。
棟瓦の落下
今度は直接屋根にのぼり、下地の状況も確認していこうと思います。

のぼったところに棟の瓦が落ちていました。

やはりドローンで見るよりも、肉眼で見る方が傷み具合がはっきりと分かります。
瓦のズレ
瓦のずれ方も、半端ない感じで、いたるところがずれ落ちていました。

瓦がずれる事により、本来無いはずの隙間が出来てしまい、そこから雨水が侵入し雨漏りしてしまったようです。
瓦のズレ
この角度から見て、これだけはっきり瓦がずれているのが分かるのは、久しぶりに見た気がします。

これだけ、ずれていますと歩くときにも注意が必要です。

本来は、瓦の裏に爪が2本あり、土に爪が引っ掛かっていますが、爪の引っ掛かりが無いために瓦が下にずれる事もあります。
漆喰の傷み・落下
棟瓦との取り合いの漆喰も剥がれてしまい、土が見えています。

のし瓦という平らな瓦もずれだして、ガタガタになっています。

いろんなところに瓦のズレにより、隙間が出来ていますので、雨漏り箇所以外のところでも雨水が侵入している部分があると思います。
下地の様子
歩いていて、気になったところの瓦をめくってみましたが、中の土がだいぶ流れている感じです。

築年数的に、下地は杉皮かと思っていましたが、ビニール系の防水紙を使用していましたが、劣化により破れてしまっていましたので、役目をはたしていない状態になっていました。
実際に、雨漏りをされていますので、下地から直さないといけません。

そのためには、瓦を一度全部降ろさないといけませんので、下地をやり直した後は

軽い屋根材を葺くのが望ましいです。


この工事の現場ブログ

屋根の全景

2020/02/22/ 北区にてアパートの瓦がずれ、雨漏りしたようなのでで見てほしい

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市北区にて、珍しい瓦棒(立平葺き)のカバー工事

トタンのカバー工事
トタンのカバー工事
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
71万円 足場、雨樋、壁水切り板金加工、ガルバ破風板金全て含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート写真

名古屋市南区にお住まいのお客様から屋根点検の依頼がありました。こちらは築11年で、今まで屋根のことは何も気にしてはいなかったそうです。数年前から近隣で屋根の工事をしていることが増えてきたため、自分の家はどうなのか?と気になったそうです。

屋根点検

大府市にて以前屋根カバー工事を行ったお客様の保守点検にお伺いしました。3年前にガルバリウム鋼板のダンネツトップを用いた施工を行い、耐震性・断熱性ともに優れた優秀な屋根材です。今回は、施工箇所の確認と家屋点検も兼ねて行いました。早速、ドローン...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957