刈谷市|築7年のスレート屋根、ご近所の方がお手入れしたけど…


スレートの全景
刈谷市にお住いのお客様から「築7年のスレート屋根ですが、ご近所の方がお手入れしたのですが、もうしないといけないですか?」とお問い合わせがありました。

同じ建売なので、気なってしまい連絡をくれたそうです。

特に同じところで建てていれば、尚更身になると思います。
スレートの浮き
早速お伺いし、屋根にのぼっていきます。

築年数が7年と聞いていましたので、まだ大丈夫そうかなと思いながら屋根にのぼりましたが、屋根を見て印象が変わりました。

築年数を聞いていないと、12~13年位の年数と思うような状態でした。
棟板金の釘位置
屋根の形状は、切妻を段違いにしたシンプルな形状で、化粧スレートのお宅です。

まずは、板金廻りを見ていきます。

気になったのが、釘を打つ場所です。

通常天打ちという上から釘を打つことは、あまりしないのですが、上から打ていて、釘頭の処理も全くしていません。

上から釘を打った場合は、雨が中に入らないようにコーキングで処理をします。
棟板金のコーキング劣化
釘頭の処理をしていませんので、中の貫板の傷むスピードは確実に早くなってしまいます。

また、ばんきんのとりあいのぶぶんの隙間を埋めるコーキングも紫外線により劣化していまい、弾力が無くなりひび割れを起こしています。
スレートの浮き
化粧スレートの浮きも全体に出ています。

歩くとふわふわするには此のためですね。

原因と致しましては、表面の塗膜が劣化してしまい、防水性がほとんどなくなった状態になっていますので、スレート自体が水を吸ったり吐いたりの繰り返しで、だんだんと反ってしまい、浮いたようになります。
スレートの浮き
一番大きな浮きの所では、12mmほど浮いてしまっていました。

これだけ隙間が出来ると、雨も風向きによっては駆け上がってしまいます。


そうすると下地を傷める原因になり、放っておくと雨漏りの原因にもなります。

スレートの欠け
化粧スレート自体も、まだ小さなものですが欠けている所が多く出ています。

こういった事は、屋根にのぼらないと分かりませんので、まだ7年だからと思っていると気が付かない事です。

勇気をもって、屋根を見てもらおうとした事が良かったと思います。

早い時期であれば、いろんな選択肢の中から、予算も含めて検討できますが、事がおきてからだと直し方も限定され予算も高くつくことが多いです。

化粧スレートは、瓦に比べ早い時期にお手入れが必要になりますので良くご検討下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

豊明市にてスレート屋根の台風前に診断依頼がありました。外壁は一度塗りましたが、屋根は手を掛けなかったので不安になり連絡をくれたそうです。色あせもあり壁が綺麗になって目立つようになり気にするようになりました。

ノンアス化粧スレート

名古屋市緑区在住のお客様から築10年未満の化粧スレート屋根の診断依頼があり行って参りました。10年未満とは仰っていますが実は途中入居の為、正確な年数はわからないが前のオーナーからは10年は経ってないとだけ聞いていたらしいです。実はこの時代の...........

屋根の全景

中村区にて雨漏り調査の依頼がありました。築70年くらいの古い建物で、2年前に一度ラバーロックのお手入れをされたようですが、先日の強い雨で雨漏りをしてしまったそうです。それまでは、雨漏りは最近は特にしていなかったようです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957