オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

刈谷市|築年数が36年のS形陶器瓦 雨漏り調査の依頼。


屋根の全景
刈谷市にお住いのお客様から、雨漏り調査の依頼がありました。築年数が36年経つS形陶器瓦のお宅で梅雨の雨で雨漏りされたそうです。

お客様の話では、結構まめにお手入れをされているとお聞きしました。

原因を究明するために、屋根にのぼり調査を始めます。
瓦の補修跡
屋根にのぼってみると、お客様が言っていた通り、お手入れされた状態が目に飛び込んできました。

漆喰の方は問題ないようですが、瓦の方は、ラバーロックと呼ばれるやり方で、瓦同士をコーキングで留めるお手入れをされていました。
瓦の補修跡
瓦をコーキングで留めりことに関しては、賛否両論がありますが、やってはいけないやり方で施工していました。

それは、瓦の廻り全部をコーキングで留めてしまうやり方です。瓦の中に入った雨の抜けばが無くなってしまうので下地をどんどん傷めることになります。
谷部の瓦の欠け
谷の部分には、瓦の欠けた破片が落ちていました。

それか、瓦をコーキングするときに下の瓦が下がらないように置いていたものかもしれません。

詰め物をしないと瓦を浮かせた状態で固定できません。
瓦の新たな割れ
こちらは、ラバーロックの弊害になります。

瓦は、重ねの部分であそびがあり荷重を分散させていますが、瓦をコーキングで固定することにより、あそびが無くなり瓦に負担がかかり割れてしまいます。
瓦の新たな割れ
以前に、割れた瓦を補修していますが、瓦をコーキングで固定したために、新しいひび割れがたくさんできています。

瓦の下には防水紙がありますが、年数的に見ても防水性が無くなり、傷んでいます。

防水紙をさわろうと思うと、瓦を降ろさないといけません。降ろした瓦はほとんどが使えない状態ですので、屋根を葺き替えることをご提案致しました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957