オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|スレート瓦屋根の耐用年数を聞いてからいつやろうかと


名古屋市 緑区 スレート瓦屋根の耐用年数を聞いてからいつやろうかと思い続けて早5年も経ちました。やっと近所の方が屋根のメンテナンスをやっているのを見て今回診断していただいたのですが、やはり表面の劣化はかなり進んでいて剥離している箇所がたくさん確認されました。
屋根カバー工法
家を建ててから18年が経ちました。13年目で表面が剥げてきているのを見つけてこのままではいけないなと思って屋根の業者さんに一度見ていただいたのですが、金額も高くてもう少し考えようと思っているうちに18年になりました。やっと工事をするきっかけができて安心しています。
屋根カバー工法
屋根の一番下の位置にある唐草板金を取り付けたところの写真になります。奥に見えるのがこれから張っていく防水シートになります。
屋根カバー工法
一般のお客様は、カバー工法で使う屋根材を耐用年数の長いものや表面の加工や色など気にされる方が多いと思いますが、もう一つ大事なところがこの防水シートになります。屋根は経年劣化を伴うとどうしてもどこからか雨水は浸入してきます。大雨や台風の時などは更に進入してくるリスクが高くなってきます。そこでこの防水シートが雨水の浸入を防いでくれるものなのです。シートとシートの被せは10センチはとっています。
屋根カバー工法
屋根全体にシートを張り巡らせた写真です。ここまで張ってしまえば雨が降っても大抵は大丈夫です。新築のお家でも上棟式を終えて防水シートを張ったままの状態で置いてある物件もたまにあります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

刈谷市にお住まいのお客様から「スレート屋根のケラバ部分が気になるのと、塗ってから11年経つので塗装の状態を見てほしい」という連絡がありました。ひどくなる前にお手入れした方が良いと思い、一度見てもらおうとなり連絡をくれたようです。

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957