オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住宅ではあまり見なくなった入母屋(いりもや)屋根。


住宅ではあまり見なくなった入母屋(いりもや)屋根
入母屋(いりもや)屋根は昔は多く見られました。和風の家には良く合い、風格があります。
神社や仏閣では、今でも入母屋(いりもや)屋根を見ることができます。
ご近所さんにもあるかもしれませんね。
66bfb88fe18af4f1dd0ae53c54482bae
このような形になった屋根を入母屋(いりもや)屋根とか、入母屋造り(いりもやつくり)といいます。
入母屋(いりもや)屋根は、切妻(きりづま)屋根寄棟(よせむね)屋根をミックスした屋根です。
古くからこの入母屋(いりもや)はもっとも格式が高いものとされてきました。
だから、神社や仏閣に多いのだと思います。お城にも入母屋(いりもや)はたくさんあります。

DSCN5162
 これも入母屋(いりもや)屋根です。
屋根が複雑に入り組んでいる分、施工は大変です。
b054ffe4db901709ede15619612df85c-columns2
入母屋は非常に構造が複雑です。
少し拡大したものが、右側の写真です。
6ac6652414b6c1d3b03f785c5c1a60f4-columns2
屋根の構造部材には、ちゃんと名前があります。
屋根の三角を作っている隅木(すみき)、屋根の面を作っている垂木(たるき)、屋根を支えている壁の一番上にある横に流れる部材を妻梁(つまばり)とか桁(けた)もしくは梁(はり)といいます。

隅木(すみき)の先端を小口(こぐち)と呼び、その小口に銅板をまいたります。銅板をまくことにより、木材を保護します。この銅板に装飾を施しているものもあります。
DSCN5167-simple
 やっぱり木造いいですね。
しっかり計算されて組まれた構造は美しいと思います。
職人さんの『技(わざ』を感じますね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957