オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市中村区|雨漏り調査。依頼は貸家のオーナー様でした。(後篇)


前回からの続きです。
棟瓦の劣化

屋根にのぼっていくと一番高い所に棟瓦があります。


雁振とも呼ばれる半円状の瓦です。


この部分も、劣化により砕けるように割れていました。



地瓦の表面の劣化

地瓦と言う一番多く使われている瓦ですが、こちらも表面が劣化しかさぶたのように割れてきています。


艶のないいぶし瓦ですので、表面に釉薬が塗っていませんので、経年劣化しやすくなるようです。

通常の状態

ここは、ケラバと言う屋根の端にあたる部分ですが、瓦が下にずれています。


瓦自体も、劣化により表層が剥がれています。いぶし瓦の劣化による傷みの多く見られる現象です。

ずれた状態
瓦のずれのほとんどが縦にずれる事が多いのですが、こちらは横方向にもずれています。 もともと瓦どうしは、3㎝くらいしか重なっていませんので、これだけずれてしまうと重なりがほとんどありませんので、瓦の中に雨が簡単に入ってしまいます。
鬼瓦の漆喰の劣化

鬼瓦の周辺の漆喰も剥がれてしまっています。


漆喰は、隙間を埋めるだいじなものですので、それが無くなってしまうと雨がどんどん瓦の中に入ってしまいます。


当然雨漏りの原因になってしまいます。

瓦のずれ

これも瓦がずれてしまった所です。


重ねた時に隠れる部分が、大きく口を開けています。


ここまでいくと、屋根の役目を果たしているのかと思ってしまうほどです。

瓦のずれ

ここも、せっかくコーキングで補修している部分ですが、ズレを直さずにそのままの状態で補修しています。


これ以上瓦が動く事は無いかもしれませんが、雨は入ってしまいます。


ちょっとした事で、全然違う仕上がりになるのですが、こういったのを見ると残念な気持ちになります。

瓦のずれ

屋根の上の事ですので、お客様は確認する事ができません。


なので、余計に気を使い丁寧な仕事をする職人ですと、第三者が見たときに、腕のいい職人ですねと安心して頂けるよう、お客様にお伝え出来ます。


見えない分不安が多いと思いますので、少しでも気になる事がありましたら、お気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根にカバー用の金具取り付け

弥富市にて、強風被害に遭われたお客様のスレートのカバー工事が終わり、既存のスレートに太陽光パネルが載っていましたので、カバー工事をした後で、屋根に穴をあけずに太陽光パネルを復旧致します。スワロー工業のカバー用金具を取り付けて行きます。

太陽光パネルがある屋根

愛知県弥富市にて太陽光パネルがある屋根で棟瓦が飛んだケース今回は全5話になります。台風が過ぎてだいぶ経ったある日、当社の顧客様から私の携帯宛に一本の電話がありました。「はい、菖蒲田(ショウブダ)です。お世話になっております」「もしもし、菖蒲...........

屋根板金

名古屋市は緑区で、前に棟板金をサービス補修したお宅から、そろそろ色々気になってきたので診て欲しいとの事で行って参りました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957