オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

東浦町にて棟の板金と雨樋が台風により飛んでしまいました


棟板金が飛んだ部分
東浦町にて棟の板金と雨樋が台風で飛んでしまったお客様から連絡がありました。

特に知り合いもいないのでネットで調べ連絡をくれたそうです。

雨漏りが心配なので早く治してほしいとう内容でした。
スレートの欠片
早速、お伺いし屋根にのぼり確認していきます。

まず目に入ったのが、板金が飛んでしまっている部分でした。

水平になっている棟板金が無くなり、木材がむき出しになっています。
棟板金の浮き
水平の棟が全部飛んでいるわけではありませんが、釘が浮いてしまい大きく口が開いています。

触ってみると、ぐらつきがありましたので、良く飛ばなかったと思います。
棟板金の釘浮き
少し見る角度を変えてみると、板金とスレートの間に大きな隙間が出来ています。

前の写真でもわかるように、中の木材がかなり腐食していますので、釘が抜け落ちています。

良くここだけ残ったなという感じです。
這い樋の落下部分
1階の屋根の上にあるはずの雨樋が途中で無くなっています。

もともと2階よりも日当たりが悪くなってしまうので、湿気が多くなってしまうのですが、雨樋が途中で無くなっているので、2階の屋根で受けた雨水が1階の屋根に直接流れてしまうので、スレートの傷み方も早くなります。
這い樋の落下部分
こちらも同じように樋が途中で無くなっています。

こちらは隅棟沿いに樋があった様ですので、ここに雨水が集中してしまうと、雨漏りの原因になりかねません。

樋にもしっかりと意味があるんです。

一通り確認しご報告しましたところ、棟の板金と樋の補修のご依頼を頂きました。
こちらのお宅の施工事例はこちら

こちらのお宅のお客様の声はこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根の葺き替え

常滑市にお住まいのお客様から屋根の葺き替え依頼があり伺いました。築40年越えの2階建ての瓦を金属屋根にしたいとのこと。築年数と今後も使うことを考え、瓦よりも格段に軽いガルバリウムを強く希望されていました。>>屋根リフォームするなら地震に強い...........

離れの屋根の全景

江南市にて自宅の離れの屋根を、自分でシングル材で施工したが、先の事を考えると年なので、手のかからないカバー工事を考えているとご相談がありました。器用なご主人様でいろいろご自身でやってこられたそうですが、いい加減もうしんどいのでカバー工事を検...........

3c037eaba26a7823e4adc568eae562fb-1

こんにちは、街の屋根やさん名古屋南店の杉山です。本日は屋根の点検から漆喰の補修工事の流れを写真とあわせて紹介していきます。日進市の瓦屋根を点検した結果、漆喰の劣化があった為、補修工事をしていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957