東浦町にて棟の板金と雨樋が台風により飛んでしまいました


棟板金が飛んだ部分
東浦町にて棟の板金と雨樋が台風で飛んでしまったお客様から連絡がありました。

特に知り合いもいないのでネットで調べ連絡をくれたそうです。

雨漏りが心配なので早く治してほしいとう内容でした。
スレートの欠片
早速、お伺いし屋根にのぼり確認していきます。

まず目に入ったのが、板金が飛んでしまっている部分でした。

水平になっている棟板金が無くなり、木材がむき出しになっています。
棟板金の浮き
水平の棟が全部飛んでいるわけではありませんが、釘が浮いてしまい大きく口が開いています。

触ってみると、ぐらつきがありましたので、良く飛ばなかったと思います。
棟板金の釘浮き
少し見る角度を変えてみると、板金とスレートの間に大きな隙間が出来ています。

前の写真でもわかるように、中の木材がかなり腐食していますので、釘が抜け落ちています。

良くここだけ残ったなという感じです。
這い樋の落下部分
1階の屋根の上にあるはずの雨樋が途中で無くなっています。

もともと2階よりも日当たりが悪くなってしまうので、湿気が多くなってしまうのですが、雨樋が途中で無くなっているので、2階の屋根で受けた雨水が1階の屋根に直接流れてしまうので、スレートの傷み方も早くなります。
這い樋の落下部分
こちらも同じように樋が途中で無くなっています。

こちらは隅棟沿いに樋があった様ですので、ここに雨水が集中してしまうと、雨漏りの原因になりかねません。

樋にもしっかりと意味があるんです。

一通り確認しご報告しましたところ、棟の板金と樋の補修のご依頼を頂きました。
こちらのお宅の施工事例はこちら

こちらのお宅のお客様の声はこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

豊明市にてスレート屋根の台風前に診断依頼がありました。外壁は一度塗りましたが、屋根は手を掛けなかったので不安になり連絡をくれたそうです。色あせもあり壁が綺麗になって目立つようになり気にするようになりました。

ノンアス化粧スレート

名古屋市緑区在住のお客様から築10年未満の化粧スレート屋根の診断依頼があり行って参りました。10年未満とは仰っていますが実は途中入居の為、正確な年数はわからないが前のオーナーからは10年は経ってないとだけ聞いていたらしいです。実はこの時代の...........

屋根の全景

中村区にて雨漏り調査の依頼がありました。築70年くらいの古い建物で、2年前に一度ラバーロックのお手入れをされたようですが、先日の強い雨で雨漏りをしてしまったそうです。それまでは、雨漏りは最近は特にしていなかったようです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957