オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|外壁は築10年ほどで塗装をしてメンテナンスを済ませましたが


名古屋市 緑区 外壁は築10年ほどで塗装をしてメンテナンスを済ませましたが、屋根は14年経った今でも検査等をしたことがありません。瓦は50年は大丈夫と営業担当者から聞いていましたが心配なので一度検査をしていただきたいです
平板瓦
今回はお客様からの依頼で屋根の診断をさせて頂く事となりました。でははじめたいと思います。屋根に登るためのスライダー(3連梯子)を延ばし屋根の軒先へとかけます。あまったロープを縛って固定できるなら固定します。注意しながら屋根の一番頂上まで登って来ました。屋根の形状からご説明いたします。寄棟屋根で三州の平板瓦でした。
平板瓦
屋根の真ん中にもう一つ棟が出ていましてそこにも棟板金があります。
平板瓦
屋根と屋根との境目にある谷と呼ばれるところです。左右から雨水が流れ込んできてそれを雨樋に誘導してくれるところです。
平板瓦
誰かが踏んでしまったのでしょうか?割れて補修された後がありました。
平板瓦
大家根の頂上にある棟と言われる部分です。棟は一方の屋根面ともう一方の屋根面が合掌するところにあります。今回の仕様は板金で被せてありました。
平板瓦
棟板金を固定するのは数十センチ毎に打ってある釘によって固定されています。写真では釘が少し抜けてきているように見えます。このような状態になると釘の隙間から雨水が少しずつ進入して固定している貫板を傷めてしまいます。傷んだ貫板では釘が緩んできてしまうので強風で飛ばされる事もあります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957