オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|FRP防水劣化 雨漏りを気にされて診断の依頼


名古屋市 緑区 FRP防水劣化 雨漏りを気にされて診断の依頼でお問い合わせいただきましたので、お伺いしてどのような状態なのかを見てきたいと思います。
FRP防水
FRP防水はおおよそ5年から10年おきに表面のトップコートを塗り替えてあげるほうがよいとされています。それもFRP防水層は紫外線や雨水に弱く経年劣化を起こすとトップコートの表面が剥離してガラス繊維がむき出しとなってきます。雨水の浸透があれば雨漏りにもつながりますのでそのようにならないように定期的に確認をしていただけるとよいかと思います。
FRP防水
バルコニーの床はかなり傷んできています。カビやコケなども付着して汚れてきています。
FRP防水
バルコニーへの出入り口トップコートの表面が剥がれてきています。このままではFRP防水層を傷めてしまうばかりなのでしっかりとコーティングをしてあげないといけません。あまり劣化の症状がひどくなるとFRP防水層からやり直しって事にもなりかねないので注意しなくてはいけません。
FRP防水
長年歩いたりしていたからでしょうか?表面にガラス繊維が浮いてきました。このような状態になるとFRP防水層まであとわずかで到達いたします。そうなるとFRP防水層に雨水が浸透して雨漏りになることもあります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957