オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市 緑区|築45年 切妻屋根 日本瓦 押入れから雨漏り


名古屋市 緑区 築45年 切妻屋根 日本瓦 押入れから雨漏りがしてきたので急遽インターネットで検索して街の屋根屋さんにたどり着きましたと言われ、屋根についても基礎的な知識も学べて良いサイトだと言われました。
漆喰
屋根の一番高い位置にある棟と言われるところです。棟は冠瓦・熨斗瓦・鬼瓦・巴瓦で出来ています。それらの一番下で漆喰がつめられています。築年数がかなりありますので漆喰は全て補修された方がよいと思います。
漆喰
写真では漆喰が少しも残っていませんでした。長年の経年劣化により風化していったものだと思います。このままだと強風の雨の日は雨が小屋裏に浸入する恐れがありそうです。早めに漆喰を埋めてあげなければなりません。
漆喰
屋根の端にある瓦で袖瓦といいます。少し割れていますね。これくらいの割れならコーキング剤でうまく接着できそうです。しかし瓦って強いですよね。築45年ほど経ってもまだまだ使えるのです。
漆喰
誰がしたのでしょうか?隙間があいていたのでコーキング剤を打ったのでしょうが、ヘラも使わず隙間だらけの補修ですね。これも中途半端にやるから隙間から瓦の中へ雨水が浸入しやすい状態になっています。雨漏りの原因はここだったのかもしれません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根の葺き替え

常滑市にお住まいのお客様から屋根の葺き替え依頼があり伺いました。築40年越えの2階建ての瓦を金属屋根にしたいとのこと。築年数と今後も使うことを考え、瓦よりも格段に軽いガルバリウムを強く希望されていました。>>屋根リフォームするなら地震に強い...........

離れの屋根の全景

江南市にて自宅の離れの屋根を、自分でシングル材で施工したが、先の事を考えると年なので、手のかからないカバー工事を考えているとご相談がありました。器用なご主人様でいろいろご自身でやってこられたそうですが、いい加減もうしんどいのでカバー工事を検...........

3c037eaba26a7823e4adc568eae562fb-1

こんにちは、街の屋根やさん名古屋南店の杉山です。本日は屋根の点検から漆喰の補修工事の流れを写真とあわせて紹介していきます。日進市の瓦屋根を点検した結果、漆喰の劣化があった為、補修工事をしていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957