愛知県日進市|台風でスレートが剥がれた時の点検です。


スレートの割れ
前回の点検の続きになります。

流れが四方にある寄棟という形状の屋根になりますので、1面ごとに見て行きます。

こちらの屋根は、割れ落ちている部分はありませんが,ひびを含む割れがかなり多い状態です。
スレート表面の劣化
表面が白く見えるのは、防水性が切れてしまい劣化により砂とセメントが剥離し、スレートの素地が見えています。

このような状態になると、雨水を吸っては乾燥する事を繰り返しスレート自体が弱くなっていき、反りや割れに繋がってしまいます。
スレートの浮き
こちらは、スレートが反ってしまい浮いたように見えます。

スレートは1枚の幅が90㎝の物が多く、瓦に比べ横幅が長いのと薄さもあり両端が反りやすい屋根材です。

スレート屋根では多く見かける光景です。
スレートの浮き
こちらの角度の方が浮いた感じが分かりやすいかもしれませんね。

通常は継目の部分は、ほとんど目立たないにですが、反りが出てきますと、太陽に向きにより影が出来ますのでよくわかります。
スレート下屋根
ここからは、1階の屋根になります。

1階の屋根の方が、2回の屋根に比べ日の当たり方が違うので、傷み方も変わってきます。

日当たりが悪くなりますので、カビや苔といった菌類が発生しやすくなります。
スレートに苔の発生
苔が生えていて、まだ、青々していますので成長中のようです。

枯れてくると、だんだんと白くなってきますが、なかなか枯れずに大きくなっていくことが多いです。

これは、表面の防水が切れ、スレート自体がスポンジのように水を吸い込んでしまうためです。
軒先と雨樋
表面は乾いたように見えていてもスレート内部に湿気がこもっていますので、そのからの水分を得ていますので成長してしまいます。

また、湿気は下の方に溜まりやすいので、軒先の方が傷んでいる事が多いです。
壁際の部分
重ねの部分などが、湿気が溜まりやすいので黒く変色しています。

瓦は形状が波型になっていますので、風が通り余分な湿気を逃がしてくれますが、スレートの場合は、通気性がほとんどありませんので、苔などが繁殖してしまいます。

このように、1階と2階ではいた見方が違ってきます。

一般的に雨漏りする前は、屋根を気にする方はほとんどいないと思います。

しかし、建物の中で一番大事な部分であり、見えない所でもありますので、定期的に点検する事をお奨め致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

豊明市にてスレート屋根の台風前に診断依頼がありました。外壁は一度塗りましたが、屋根は手を掛けなかったので不安になり連絡をくれたそうです。色あせもあり壁が綺麗になって目立つようになり気にするようになりました。

ノンアス化粧スレート

名古屋市緑区在住のお客様から築10年未満の化粧スレート屋根の診断依頼があり行って参りました。10年未満とは仰っていますが実は途中入居の為、正確な年数はわからないが前のオーナーからは10年は経ってないとだけ聞いていたらしいです。実はこの時代の...........

屋根の全景

中村区にて雨漏り調査の依頼がありました。築70年くらいの古い建物で、2年前に一度ラバーロックのお手入れをされたようですが、先日の強い雨で雨漏りをしてしまったそうです。それまでは、雨漏りは最近は特にしていなかったようです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957