名古屋市南区にて化粧スレート瓦を補修かカバー工事かの診断



名古屋市南区の化粧スレート瓦の診断です。
築年数は23年目、一度も塗装も補修もしていないというお宅です。

雨は降っていないのですが、とにかくよく滑る屋根でしたが何とか診断してきました。
滑る化粧スレート瓦

こういう屋根の場合の登り方の鉄則は、出来るだけ谷の近くにハシゴをかけて登るようにします。

谷から登ると、滑らないわけではありません。

北西だと北の方角と西の方角それぞれ乗せている足の滑る方向が90度別々に分かれているので、体重をバランスよく乗せると滑らないでグリップが効くのです。

切妻形状の屋根だったら両股開きになりますが、寄せ棟形状の屋根は谷があれば安全地帯になり、大丈夫なのです。
滑る化粧スレート瓦
なので、よく瓦が割れていたら引っかかっている部分でもありますので、大体はそこから診断が始まります。

ここは三角の部分ですね。

よく滑ります。

軒先や雨どいをチェックする時はかなり気をつけて降って行きます。

勿論降って行く時も、降り棟板金を両足に挟むような感じでいくとやや安心できます。
谷部分と比べると、安全とまではいきませんが。
滑る化粧スレート瓦

苔がたくさんあるところはズルズルッと滑っていきますので、谷を両足に挟んでゆっくり降りていき雨どいや軒先の診断を致します。
滑る化粧スレート瓦

さっき話した谷部分に化粧スレートが割れた破片が挟まっていました。

これだけ苔が生えていると、防水が効いていないので劣化も相当にあります。
滑る化粧スレート瓦

棟板金は明らかに錆びていますね。

片面はカビで覆われていて、片面は苔で覆われています。
どっちが滑ると思いますか?

答えはどっちも良く滑ります 笑
北面に近ければ近いほど苔が多くなりますので、屋根診断の際はとにかく安全である(と思われる)箇所から登っていくのです。

滑る化粧スレート瓦

錆びたところから更に錆びた釘が出ています。
これは危険ですね。
スグに抜けてしまいそうです。

台風なんかで飛ばされている板金などは、大体こんな感じの棟板金が多いのです。
滑る化粧スレート瓦

横から見たら、浮いているのが一目瞭然です。
滑る化粧スレート瓦

こんな状況の化粧スレート瓦を見たら、必ずお客様には早急に直された方が良いとお伝えしております。

勿論、直す直さないは別にして応急処置はして帰りますのでご安心を!
滑る化粧スレート瓦
こんな感じで日々屋根の診断をしております(^^ゞ

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます。
ではまた。
菖蒲田(ショウブダ)



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

1階天井の雨染み

名古屋市南区にお住まいのお客様から「1階の部屋が雨漏りしたので見て欲しい」という連絡がありました。話を聞くと大きなベランダがあるそうで、そこからなのかを見て欲しいという内容でした。

天井の雨染み

名古屋市南区にお住まいのお客様から、台風の後の雨で雨漏りしたので見て欲しいという連絡がありました。今までは雨漏りした事はなかったそうですが、台風の時には大丈夫でしたが、その後の雨で漏ってしまったそうです。

瓦屋根の点検写真

名古屋市緑区で瓦屋根から雨漏りがしてきたのですぐに見てほしい!  …との事でお伺いして参りました。築30年の瓦屋根の点検になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957