名古屋市緑区にて瓦屋根の雨漏り調査、定期点検とメンテナンス依頼


名古屋市緑区で瓦屋根の雨漏りがしてるかどうかの調査をお願いしたいという事でお伺いして来ました。

築38年の瓦屋根、だいぶ色んな業者から言われているとの事で、前から定期的に診断とメンテナンスを行っている当社に依頼が来ました。
瓦屋根

今回は初めてではなく、かれこれ三回目ぐらいの診断になります。

診る度に欠けている瓦が増えてきているので、今回はどうかな…? って感じで見てきました。
瓦屋根

以前より瓦が欠けている所が増えてきておりますね。

立て続けに下り棟の下部にある斜めに切っている瓦が劣化しています。
瓦屋根

いつもはオブラートに包んでやんわりと痛み具合を言っていましたが、ここまで深刻化すると、お客様にお伝えする義務があります。

もう原型を留めていない瓦もあります。
瓦屋根

鬼瓦に当たる部分は漆喰が剥離して落ちているものもあります。

前回の診断時もそうだったのですが、大半は雨どいに引っかかって残ってあります。

瓦の勾配が急だと庭などに落ちますが、瓦屋根は比較的緩やかなので雨どいに詰まっているケースが多いのです。


瓦屋根

ただ、それが元で雨どいが変形したり詰まったりもするので落ちないから安心と言うワケでもありません。


瓦屋根

今回は、流石に葺き替えをお薦め致しました。
まあ、よくここまで持ったといえます。

瓦点検

漆喰と差し替えで補修して使えなくもないですが、10年以上持つかと言われると厳しいので、耐震性も考えて軽い瓦が良いとお伝え致しました。
瓦点検

軽い瓦にするメリットは

耐震性や台風などによるズレ、飛散、落下防止、定期的な番線のゆるみたわみや漆喰のメンテナンスが不要になる等がありますが、いつ来るかわからない超大型の東海地震が来た時の事を考えると私個人的はやはり耐震性を一押しします。
瓦屋根

今回もブログをご覧頂きありがとうございました。

ではまた。
菖蒲田(ショウブダ)


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

南区のユーザ様の近所の方から雨樋の相談の連絡がありました。良く話を聞くと、昨年の台風の時に工事をさせて頂いたお客様とお友達で、雨樋の水が裏の家にポタポタ落ちてくると云われ、ユーザー様に相談すると、私を紹介してくれ連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957