弥富市にて和瓦のケラバが一列浮き下地が腐食、補修か葺き替え?


今回は愛知県弥富市で角の瓦が浮いて水が入るかも知れないとの事で早急にお伺いしてきました。

現場につくと廻りに家が無く、風が非常に強く当たる立地でした。
なるほど、ここならケラバぐらいは浮いてしまうかも知れません。

築年数は44~45年の和瓦お家です。
和瓦

屋根に登ってみると、破風はペンキがはがれてきています。

どうしても破風が木板だと、ペンキを何度塗っても剥がれてしまうのですね…

もし瓦を直すならばここの部分はガルバ板金をお勧めしたいところです。




漆喰は大丈夫そうですが、相当年数は感じられる瓦です。
和瓦ケラバ

周囲は畑に囲まれていて、景色は長閑ですね。
和瓦ケラバ


なんと電話でお客様の仰っていた様に、ケラバが一列全てが浮き上がっていました。

まるまる一列がごっそりと持ち上がっていました。

和瓦ケラバ

これはあまり見ない現象で、とても珍しい光景です。

土入りの瓦葺きなのですが、中の土はだいぶ流れており瓦が安定せずに台風で風を巻き込んで浮き上がったと思われます。
和瓦ケラバ

近づいて見てみると、土が一定していません。明らかに土だけ流出している感じです。
和瓦ケラバ

更に近づいて見ると指はおろか、手首がスッポリと入るぐらい開いています。

これなら雨水が入り放題ですね…

和瓦ケラバ

ケラバ部分の瓦を一列、土から葺き直ししないとダメですね。

足場別で15万円ぐらいはかかりそうです。

漆喰もやり直し箇所が必要なので更に8万円別途でかかる感じですね。
和瓦ケラバ

本当に一番上のケラバから軒先まで全てのケラバが浮いています。

毎日屋根瓦を診断していますが、ここまで端っこのみパックリと口を開いているのはあまりみない光景です。
和瓦ケラバ
取り合えず養生をしますが、風がとても強い為ブルーシートを被せても飛んでいきそうなのでズレ直しを試みてみます。

こんな時は瓦職人に変身してしっかり直します。
和瓦ケラバ

どうでしょうか…?
多少は直せてマシになったと思います。

後は軽くコーキングで止めてテープで仮固定したら完了ですね。

こちらはケラバ部分の瓦の葺き直しと漆喰を一部補修して23万円ほどの見積もりになりそうです。(足場別途)
築年数が結構経っておりますがお知り合いの保険を使うらしく、そのお知り合いは台風被害なので全額降りるかも知れないと仰っておられましたそうです。

全額でたら良いですね!
皆様方も、風災被害対応の保険加入と早めの点検をおススメします。

今回もブログをご覧頂ましてありがとうございました。
ではまた。
菖蒲田(ショウブダ)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市 K様邸にて平板瓦の一部葺き替え

瓦桟
IMG_20171128_161801
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
使用素材
セラム2 平板瓦
築年数
20年
建坪
保証
10年
工事費用
35万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

積水U瓦

屋根の経年劣化が著しいと言うことをお聞きしております。さっそく屋根の上に登ってこれから診断に移りたいと思います。屋根の形状は寄棟屋根で瓦材は40年以上も前から生産されていた積水かわらUというものでした。築10数年でこの状態になってしまうのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957